404エラーページという隠しページを用意しました。

WEBクリエイターとしてブログ運営をしていると「さすが」とまでもいかなくてもちょっとした遊び心を表現したい気持ちを持っています(笑)。
そんなこんなで「404 隠しページ」を作成したのでご連絡させて頂きました。

そもそも404ページとはいったい何のことかご存知でしょうか?
ネットサーフィンをしていてたまに「404 Not Found」みたいな文字の入ったページを見たという経験をお持ちでしょうか?
たまに検索エンジンなどで情報を探していると古くてページが存在しなかったり、キャンペーンなどでそれ自体が終了していたり様々な理由で404ページが存在しています。
要するに、その場所にコンテンツ(ページ)が存在しないときのエラーとして表示されるHTTPステータスコードなのです。

正直のはなし、HTTPステータスコードとか専門的な言葉で言われてもなんのこっちゃですよね(汗)。
僕は普段仕事でWEBサイトを取り扱う事も多いので「404」という数字で理解していますが、一般的に「え?404・・何?」となるような気がします。
また、文字だけが画面に出てきて、PCに不具合でも出たのか?とドキッとする事もあるかもしれないですね。

ボウシクローゼットでは、そのような「ドキっ」とした感覚をなくしてしまいたいという思いやりのもと、関連しているキャップのイメージを全面的に使って「このページは無いんですよ」といったメッセージをお伝えする事に致しました。

「ページが無くなってしまっているんだね」ではどうしようか・・という次のステップも用意しておきました。
好きなキーワードでコンテンツが探せるように「検索枠」それか他の目的があるかもしれないのでサイトマップ的な案内版も用意しておきましたので、安心して404ページへ訪問いただいても大丈夫でございます(笑)。

とはいうものの、普通にWEBサイトを閲覧していて、自ら404にたどり着こうとする人はいないと思います。事実僕もそうです(笑)。

だって、「存在しないページ」なんですもの。
というわけもあって、404ページを用意したもののここに到達する人がいったい何人いるのか?は疑問ですが、かなり稀だと思っています。
かといっても、その少数のお客様に安心して欲しいという想いのもと404ページを用意しましたが、404ページへ来て頂くという事はページが存在しなくなっているのでリンクが切れていて迷惑をかけるという事、しかしせっかく作ったので見に来て欲しいという感情もあり、とても悩ましいですね(笑)。

わざわざ404ページへ行けるようには致しませんので、もしたどり着いたら「何でページがないの?」と怒らず「ラッキー」と喜んで頂けると幸いでございますm(_ _)m

そんなわけで公ではないページという事で「隠しページ」と表現させて頂きました。
一応、WEB運営側からの報告事項でしたm(_ _)m

スポンサード広告