快適にキャップをかぶる為に、はじめにするべき事。

いきなりですが、なによりもまずキャップをかぶる前に自分のあたまのサイズを把握していますか?
お店でキャップ・帽子を試着しながら選べる環境の場合は、キャップのサイズ・頭のサイズを知らなくてもなんの問題もないのですが。
最近はネット通販も増えファッションアイテムの試着することなくネットで購入する機会がとても増えたと思います。
その際に「とりあえず買って合わなかったら返品しちゃえ?」なんて良からぬ事を考えていませんか?
もしそうだとすればお店にも迷惑がかかるし余分な費用などもかかってしまい損してしまいますのでNGです。

キャップのサイズの測り方・方法。

では、予め自分がどのくらいのサイズのキャップを選ぶべきかという事についてイラストを使って簡単ですが説明していきたいと思います。
少々お付き合いくださいねm(_ _)m

もちろんあたまのカタチには個人差もあるのでなんとも断言する事はできませんが、一般的に耳の上から約指2本くらいの位置を水平にキャップをかぶるとフィットするといわれています。

キャップをフィットさせて着用する位置がおよそ一番頭囲が大きいであろう場所になると思います。
その位置の頭囲を測りましょう。
ちなみに僕も測ってみましたが、「57.5cm」でした。


あたまのサイズがわかったと思いますが、実際にキャップのサイズ選びの際には+1cm程度余裕をもって選択されるのが良いとされています。
メジャーではかるときギュッと締め付けてはかりますよね。締め付けてキャップをかぶってしまうときっと苦しくなると思います。
ヘアスタイルや髪の毛の長さや量も影響してくるのでやはり1cm程度余裕をもってキャップのサイズを選ぶほうがよさそうですね。

という事で僕のキャップ選ぶべきキャップのサイズは「58.5cm」がベストという事ですね。なるほど~。

自分のあたまのサイズを知っていれば選ぶべきキャップのサイズが見えてきますね。
ちなみにですが、一般的に販売されているキャップの多くは「レディースサイズ平均56cm」「メンズサイズ平均58cm」という噂です。(※実際にすべてを調べたこともないし調べる事もできないのでうわさを信じたいと思いますが、お店に並んでいるキャップもこの辺のサイズ感が多いですね。)

あとは、お店の人がきっちりキャップのサイズ感(「頭囲のサイズ」)を数値化してくれていれば、自分の頭の大きさに合ったものを選べば良いという事になります。

最後に注意点ですが、繊維製品というのはこれを作る「人のクセ」であったり「時期」「場所」など様々な要因で個体差というものが必ず出てきます。同じ種類のキャップであっても以前より小さくなったような・・大きくなったような・・と感じる事もあるかもしれません。
そういった意味も踏まえて実際の頭のサイズよりも余裕をみてキャップを選択する事が必要といえますね。

それでは皆様が素敵なキャップに出会えますように願っていますm(_ _)m

スポンサード広告