UnitedAthle オリジナルTシャツ・グッズ作成の無地ブランド

先日の投稿で「僕がUnitedAthle(ユナイテッドアスレ)のヘビーユーザー」という事をボ太郎君にご紹介頂いたので、その流れで、今日は特別サービスでブランドについて少し詳しく説明しちゃいます ^ ^

おぉ~待ってました ^ ^
ハマさんがいつも「ユナイテッドアスレ」のウェアを着ているので、気になっていました ^ ^

おぉ~ ^ ^

キッズちゃんも来てくれたんですね ^ ^
僕の考えなども織り交ぜながら「ユナイテッドアスレ」紹介をしていきたいと思いますので「ユナイテッドアスレ好きの人も、そうでない人も知ってる人も知らない人も」是非読んでみて頂けると嬉しいですm(_ _)m

もくじ

[ スポンサー広告 ]

オリジナルTシャツ業界の在庫メーカー

ユナイテッドアスレは、オリジナルTシャツ業界で日本国内において2番目のシェアを誇る在庫メーカーです ^ ^

はいっ、質問です ^ ^
在庫メーカーってなんですか?メーカーとはまた違うものですか?

キッズちゃん、ユナイテッドアスレは、ウェアを製造しているメーカーには違いないのですが「在庫メーカー」は、僕が勝手に呼んでいるもので、もしかしたら辞書には載っていないかもしれません・・(汗) ^ ^;
少し解説しますね ^ ^

オリジナルTシャツの業界は、予め無地ウェアを大量に製造して無地ウェアとして在庫を用意しているのですが、そうする事で「欲しい時に」「お求めやすい価格で」「安定的に」を提供する事が出来るのです ^ ^
そのような予め在庫を積んで販売しているメーカーを、僕は「在庫メーカー」と勝手に呼んでいますm(_ _)m
この在庫からプリントする分だけを抜き取ってオリジナルTシャツへと仕上げていくという「インフラ」となっているのです ^ ^

オリジナルTシャツって、注文してから出来上がるまで、1週間から2週間程度で手元に届きますもんね ^ ^
これってウェアはすでに用意されているので、オリジナル加工に要する時間だけでなんですね ^ ^

その都度Tシャツから作っていたら1か月も2か月もかかって、料金も割高になってしまいますもんね ^ ^;

そうだったんですね ^ ^
そんな仕組みになっていたんですね、わかりましたm(_ _)m

無地ウェアブランドのユナイテッドアスレ

前置きが少し長くなってしまいましたが、重要ですので、押さえておいてくださいね ^ ^
では、本題のユナイテッドアスレについて説明をはじめますm(_ _)m



ユナイテッドアスレは「キャブ株式会社」という愛知県に本社を置く会社により運営されているブランドになります。

現在、取り扱いしているカテゴリーとしては上記イラストにもしましたが「Tシャツ」「ポロシャツ」をはじめアウター関連や僕のブログでも紹介しているキャップやトートバッグなどもユナイテッドアスレのブランドの商品になっていますm(_ _)m

今のところこの3つの品番を過去にご紹介していますね ^ ^

このブランドって、歴史が長いんですか?

そうですね、僕も気になります ^ ^
「オリジナルTシャツ」って言葉は、比較的最近になってから出てきたような気もするし新しい会社なんですか?

実は、この業界では比較的歴史の長いブランドなのですが、公式サイトに歴史は公表されているので詳細は割愛しますが「キャブ株式会社」が出来たのが1983年、今2020年ですので、37年前ですね~ ^ ^
前身である事業なども含めると90年以上の歴史のある会社なんですよ ^ ^

もともとは「C.A.B. CLOTHING(キャブクロージング)」というブランドでミリタリーウェアの販売からスタートしているのですが、当時は、自衛隊員向けの本格的なアパレルが主流だったようですね ^ ^。
その後2000年代に入ってすぐ「5942」という品番の現在僕が愛用しているプレミアムTシャツが発売されているんです ^ 0 ^ /

ハマさん、最近では「週7」のヘビーローテーションのTシャツですね ^ ^

はい(汗) ^ ^;
ここにくるまで同じ品番ではありながら、様々な改良・リニューアルを繰り返して、高品質なTシャツとしてのポジションを獲得した歴史あるTシャツなんですよ ^ ^


実際に着用すると、ほんといいTシャツなんですよ ^ ^。
XSサイズからXXXLサイズまで展開しているので、ボ太郎君も是非試してみて下さい。キッズちゃんには少し大きいかも・・ですね m(_ _)m

え~、そうなんですね、残念です ^ ^;

ユナイテッドアスレのブランドコンセプト

色々歴史について触れてきましたが「ユナイテッドアスレ」は、現在では数えるのも面倒なほどたくさんの商品展開・カラー展開・サイズ展開があり、様々なニーズ・市場に受け入れられ急成長を遂げているブランドなのです ^ ^
さて、ブランドについて紹介させて頂きますm(_ _)m。


まず、基本的にはキャブ株式会社が運営する無地ウェアの軸となる老若男女、幅広い人たちに使ってもらえる「プリントできるベーシックなスタイル」のブランドのド定番UnitedAthle(ユナイテッドアスレ)です。

以下紹介するブランドですが、基本的には上記UnitedAthleブランドから枝分かれして独自のコンセプトをもつテーマみたいなものですね ^ ^

例えばUnitedAthleの中のレディース商品がruccaといったような、ブランドというよりもコンセプトみたいなものなんですね?

ボ太郎君、そうですね、基本そのように考えて頂ければ大丈夫です ^ ^
さて、次に先を進めたいと思いますm(_ _)m


ブランドはUnitedAthleではありますが、その中でもプロモーションなど品質は最低限に保って「リーズナブルでありコストを重視」したコンセプトとして用意されているDelawear(デラウェア)です。


ここ最近ヘビーウェイトブームにより厚手の素材が好まれるようになりましたが、その中でも「The アメリカン」を表現するザラつきがあり空気を含みながら撚った糸を使用したオープンエンド糸を使用した「Authentic Heavy Weight(オーセンティックヘビーウェイト)」シリーズです。


流行を追いにくいオリジナルTシャツ業界では嬉しい今流行しているトレンドを取り入れて、カジュアルで一般アパレルとしてもこだわって販売できるコンセプトの「Urbanlabel(アーバンレーベル)」です。


6~7年ほど前ですかね、注目されだした「コットン」「ポリエステル」「レーヨン」のやわらかな質感で杢目かかった仕上がりが特長の3種混紡素材のTri-Blend(トライブレンドシリーズ)です。


基本的にUnitedAthleブランドに属するものですが、女性らしさを表現する為のレディースの為のスタイルを追求したブランドコンセプトを持つrucca(ルッカ)です。


フレンチテリー素材を使った商品カテゴリーのFine French Terry(ファイン・フレンチテリー)です。
ブームがさったのかリニューアルの方向なのか、現在のところ廃番方向にあるようですが・・^ ^;

フレンチテリーってなんですか?

フレンチテリーは、大きく分類すると生地の裏側がパイルになった素材を指すので、スウェット素材を想像してもらえればいいのですが、その中でもふんわり柔らかな仕上がりが特長の素材になっています。


UnitedAthleブランドの中でスポーツ・アクティブシーンに特化したウェアの中でもクオリティにこだわったカテゴリー「Be Rad(ビーラッド)」です。
従来のものよりも機能性・品質を追求した仕上がりになっています ^ ^


キャブ株式会社のルーツである、ミリタリーウェアを取り扱うブランドC.A.B. CLOTHING(キャブクロージング)です。

こちらは、先ほどの歴史のお話からして、UnitedAthleと別枠ですね ^ ^

はい、そのとおりですm(_ _)m


主にブルゾン・ジャンパーなどがメインでトレンドを取り入れたデザインのアウターで、防風・撥水などの機能も兼ね備えた、アウトドアシーンでも活躍するであろうOutFitters(アウトフィッターズ)です。


ここ2年ほどの新しいブランドで、働く事をテーマによりカジュアルに仕事ができるワークスタイルを追求したUnitedAthle Works(ユナイテッドアスレ・ワークス)です。


ヴァーサトルとは、用途が広いとか多目的とかいった意味合いを持つ単語なのですが、UnitedAthleブランドのバッグの中でも、ナイロン素材を使用した商品に使用されているカテゴリーのVersatules(ヴァーサトル)です。

ハマさんが以前に紹介していたキャップやバッグはどのカテゴリーにあたるんですか?

ランチバッグに関しては、ユナイテッドアスレのブランドタグが付いていますので一目瞭然ですが、キャップに関しては、ブランドタグもなくノンブランド仕様となっていますが、間違いなくユナイテッドアスレが企画・製造しているものですので、一番初めに紹介した赤色のボックスデザインのユナイテッドアスレの分になります ^ ^。

そうなんですね、ブランドタグをつけた方がいいように思うのですが・・?

ま、そうですね。
でも、タグもないよりシンプルなもののほうが付加価値を付けやすいので、僕としてはタグ無しは嬉しいですねどね ^ ^

オリジナルTシャツの取り扱いについて

ハマさん、全然別の話なのですが、わたしはあまり帽子をかぶらないので、Tシャツやバッグなどには興味があります。
ボウシクローゼットはキャップ専門ですが、UnitedAthleのTシャツとかウェアの取り扱いも出来るってことですよね? ^ ^

キッズちゃん、気になりますよね?
ほとんどがウェア品番を取り扱うUnitedAthleを大々的に紹介しておいてTシャツ取り扱いできません・・なんて言ったら、ひどい話ですよね(汗) ^ ^;

もちろん取り扱いは大丈夫ですが、ボウシクローゼットでは、積極的にはTシャツ・ウェアアイテムは掲載しないでしょうから、もし興味があれば問い合わせしてもらうというカタチで大丈夫です ^ ^
↓↓Lineでお友達追加して気軽に問い合わせしてください、もちろんお問い合わせ無料です ^ ^;

ハマさん、Tシャツが掲載されていない中で、Tシャツの問い合わせはハードルが高いですよ ^ ^;
Tシャツが掲載されている中で「このTシャツよりも安いものありますか?」みたいな問い合わせはまだ「やりやすい」と思いますが・・ ^ ^;

そりゃそうですね(汗)。
今すぐは出来ませんが、追々ちょっとTシャツ関連も紹介してみてもいいかもしれませんね ^ ^

皆様、ユナイテッドアスレについて色々ご紹介しましたが、興味を持っていただけましたでしょうか?
オリジナルウェア作成は、ついデザインがすべてになりがちですが、土台となるウェアにもこだわる事でも、大変有意義なものづくりになるのではないかと考えます。
是非、自分が手にする素材やコンセプトなど知ったうえで商品選びをしてみてはいかがですか?
長くなってしまいましたが、皆様にとって今回の内容が有意義な時間になれば幸いですm(_ _)m。ありがとうございました ^ ^

ボ太郎君・キッズちゃんも、お疲れ様でしたm(_ _)m

スポンサード広告