未来的なデザインのフレックスフィットデルタ6パネルキャップ

未来的だなんて少し大げさな表現をしてしまいましたが、実は初めて僕がこのキャップを手にした時に感じた感想なので僕の感情をそのままにタイトルにしてみましたが、いかがでしょうか?

ハマさんの言いたいことはなんとなくわかります。
スポーティーなデザインを大げさに表現したならば、未来的ファッションという分類にはいるように感じます。
今までにない特殊な雰囲気を醸し出していますね。

もくじ

[ スポンサー広告 ]

フレックスフィットデルタ6パネルキャップの紹介です。

いつもは、勝手に雰囲気でキャップの名称を付けているのですが、今回も少し思考をめぐらせてみました。
「近未来キャップ」「スペースクルーキャップ」・・など色々想像を張り巡らせてみたのですが、しっくりくる名前が思いつかなかったので・・没とさせていただきます。
という事で、「フレックスフィットデルタ」は、ブランドの正式な名称ですので、そのまま使用させて頂くことに致しました。

・・・。
いつもいい感じで表現しているハマさんが、「近未来キャップ(笑)」「スペースクルー(笑)」・・・。

そこそこいいセン行ってると思ったのですが(恥)。
ここは、カットでお願いします^ ^;


では気を取り直して、キャップのフロント部分のデザインです。
前立て部分とその頭囲周辺ですが、すごくすっきりしています。

あ、よく見たらパネル同士のつなぎ目に縫製がありませんよ。
僕、縫製されていないキャップ見たの初めてです。
いったいどうやってくっついているんですか?

ボゥ君(笑)、実は、このタイプのキャップですが、僕も初めてみました^ ^;
今からの説明は、僕の「仮説」になるのですが、キャップの内側をみるとパネルに合わせてデザインテープが張られています。
おそらくこのテープ自体が特殊な接着のあるもので、表の2つのパネルをしっかりとつなぎ合わせているのだと思います。

そうか、アウトドアのレインコートなどで縫製ではなくテープみたいなものを上にはりつけて水が浸入しないように加工しているものを見たことがあります。
最近その技術が浸透してきているんですかねぇ。

そうですね、想像ですが、おそらくそのような感じの技術を使用しているんだと思います。
あくまで仮説ですので、確証はありませんが・・汗。


バックスタイルですが、いつものようなアーチ状になっていて調整がついているようなフリーサイズではなく、パネルで閉じられているタイプです。
ポリエステルの素材にポリウレタンが混ざって編まれた生地なのでストレッチする素材となっています。
サイズの幅は少ないですが、3cmほどは対応できるようです。


縫製が見えないと、ほんとすっきりしますね。
通気穴まで縫製無しなんですね^ ^。
なんかパンチで穴開けたみたい(笑)。

そう言われてみると、たしかにパンチで穴をあけたみたいですが、ボゥ君、その表現はやめておきましょうね(笑)。



では、右側から写真をとりましたが、スタイリッシュでスポーティな雰囲気ですが、若干深さもありストレッチの効いた素材がフィットしてとてもかぶりやすい仕様ですね。
ブランドマークのプリント入りです。拡大写真載せておきます。

さすが、YUPOONGブランドのフレックスフィットのキャップですね!ほんと、毎回関心させられます。



真上からもスタイリッシュ。
内側ですが、先ほど仮説で記載しました、テープが機能としてもデザインとして映えますね。このテープに「FLEXFIT BOND」という文字がかかれていますので、先ほどのパネルどうしのつなぎ方に関する仮説もおおよそハズレではないように思いますね。


ほんとですね。FLEX BONDと書いてありますね。このテープが秘密のカギを握っているんですね(笑)。
また金属の天ボタンにYUPOONのロゴマークが刻印されていますね。相変わらず、いい感じです^ ^。

フレックスフィットデルタについて。




今回のはYUPOONGのブランドの、フレックスフィットキャップデルタというカテゴリーに属するキャップになります。
YUPOONGのフレックスフィットに+デルタが付くシリーズですね。
つばのブランドシールイメージと内側のびん皮のブランド刻印です。
さすがシームレスを売りにしているだけあってプリントで刻印しているんですよ。

フレックスフィットデルタってどういうコンセプトで作られているんでしょうね?


ちょうど新品のキャップの左側に三角形の下げ札がついていますね。
そこに「COMFORT」「TECH」「ECO」と書かれていますね。
3つの特徴のあるキャップなんですね。
デルタとは三角形を意味する言葉ですので「COMFORT」「TECH」「ECO」という3つの要素が関連しあって成り立っているのだろうという事が想像できますね。

「COMFORT」「TECH」「ECO」ってどういう意味なんでしょうね?

ボゥ君、これも僕の仮説になるのですが、おそらく「快適なキャップ」「テクノロジーを駆使したキャップ」「エコロジーなキャップ」といった感じのニュアンスだと思います。
きっと色々奥が深そうなブランドですね。

フレックスフィットデルタ6パネルキャップのサイズ感について

では、キャップのサイズ感についてです。今回は、フレックスフィットデルタ6パネルキャップのご紹介です。





フロント部分は、中央に縫製になっているベースボールキャップ仕様。湾曲しているの高さがはかりずらいのですが、真正面からみてツバ部分から湾曲して見えなくなる場所までの距離です・・おおざっぱですみませんm(_ _)m
左右に関してはタテの中央あたりを生地のつなぎ目から反対側まで計測した、およそのサイズ感となっていますので予めご了承下さいねm(_ _)m
あとは補足ですが、このキャップですが、サイズ展開が2つ用意されています。

あたまのサイズがわかりずらい方もいらっしゃると思いますので、キャップを選ぶ際のあたまのサイズを知る事が大切です、そしてキャップサイズの選び方についての投稿のリンクを下記貼っておきます。参考にしてください。
もちろん知っている人は飛ばしてくださいね。

はい、毎回ありがとうございます。

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

フレックスフィットデルタ6パネルキャップに関しましては6色展開で在庫品が用意されています。

6色のカラー展開です。

フレックスフィットデルタ6パネルキャップに関しては、内側の生地のカラーがホワイトとその他のカラーとも違う仕様になっているため、裏側のカラーバリエーションも用意しておきました。

キャップを選ぶと内側は見えないからあまり気にならないかもしれませんが、やっぱり全体のデザインとして知っておきたいですよね。
今回の白色のキャップは同色だから他のカラーのキャップも同じ仕様だと思ったら、「え?」と違和感を感じてしまうかもしれませんもんね。
ちゃんと写真で表示されていたらわかりやすくて誤解がありませんね。

ブランドのキャップも色々とマイナーチェンジなどをする事もあるので、突然デザインが変わってしまう事もありますので100%までお伝えする事はできませんが、出来る限りきちんとした情報をお伝えしないとダメだと思っています。
キャップを購入したけど「思っていたのとなんか違った」という感情が限りなくなくなっていけばいいなぁと、理想ではありますが、思っています。

今回も長々とアイテムジェニックの投稿記事を書きなぐりましたが、最後までお付き合いありがとうございましたm(_ _)m
今回は、ボゥ君にネーミングセンスで笑われてしまいましたが、今後に向けて、皆様に感心されるようなネーミングセンスを磨いておきます(笑)

スポンサード広告