UnitedAthleのナイロンのアウトドア仕様のバケットハット

久しぶりの登場!!ユナイテッドアスレのナイロンキャップシリーズです。
以前に紹介したのが「No.21」「No.22」だったのですが、今回「No.45」という倍ほどキャップ紹介が進んでいたんですね ^ ^;

ハマさん、ユナイテッドアスレで盛り上がったのが最近だと思っていたので、僕も驚きです ^ ^;

ほんとですね「いつも同じTシャツ着てる~」なんて言ってましたもんね(笑)。

せっかくなので、以前紹介したベースボールキャップとジェットキャップのリンクも貼っておきますね。

では、今回はナイロンの「バケットハット」でございます ^ ^

もくじ

ご紹介中の商品はこちらにて販売中です。

ナイロンバケットハット

[ua967401] UnitedAthle 無地 ナイロンバケットハット

ユナイテッドアスレの無地キャップです

さきほど冒頭でユナイテッドアスレという言葉を多用しましたが、あまり馴染みがない方の為にも「UnitedAthle」というスペルの赤いボックスデザインのロゴイメージを紹介しますね ^ ^。


一応「UnitedAthle」を紹介する為の画像として上記用意してみました m(_ _)m
バケットハットが、シンプルすぎて真っ黒に見えて、わかりずらいですかね ^ ^;。

ハマさん、バケットハット自体は、少し分かりずらいですが、ここではロゴが主役なので、本体自体は、重要ではないのでは?
詳しく知りたい方は「UnitedAthle」の投稿も面白いですので、是非読んでみて下さいね ^ ^。

ボ太郎君、気が利きますね m(_ _)m
リンクありがとうございます。・・にしても、相変わらずシンプルなものは、紹介に工夫が必要ですね ^ ^;

アウトドア仕様のナイロンバケットハットについて

アウトドア仕様とタイトルにも書きましたが、特殊な機能があるわけではなく、単にバケットハットというカタチがアウトドアだろうという先入観からネーミングしてみましたが、アウトドアと限定せず、様々なシーンとしては手軽に使えるファッションアイテムとしても重宝出来ますよ ^ ^ 。



前からの写真です、ナイロン素材のシャカシャカっとしたやわらかい生地で、重量も軽やかなバケットハットです。
タスラン加工という編みの技法を取り入れる事で「やわらかい風合い」「耐久性」「しわになりにくい」「軽い」というメリットが出る素材なんです。
そして何より、とてもシンプルですね。

バックスタイルですが、前から見た場合と見分けがつかない為、割愛させて頂きますね(笑)。

わざわざ、割愛の報告しなくても大丈夫ですよ(笑)。
ハマさん、相変わらず律儀ですね ^ ^;

(笑)・・次行きます m(_ _)m


横からみたスタイルです。

ハマさん(笑)。ケットハットは相変わらず「前・後・右・左」見分けがつきませんね(汗)。

一応、補足としてサイドを見分ける為の特徴を追記しておきましょう ^ ^


見分け方としては、横は、通気穴があり生地と生地がちょうど縫製されているところですよ ^ ^

なるほど ^ ^;
遠目にみたら同化してしまってますが、アップにしたら分かりやすいですね ^ ^。



続いて、真上からの写真と内がわの写真ですね。
シンプルなので、もしかして、上からか内がわからか見分けが付きませんか?

ハマさん、それはさすがに大丈夫ですよ(笑)。

念のため、パーツをアップしておきましょうね ^ ^;



ツバまわりは前後2枚の生地を貼り合わせてしっかり縫製されていますね m(_ _)m
内側も生地テープで生地のつなぎ目がむき出しにならないようしっかり後処理されています ^ ^


また、以前紹介しました、ジェットキャップやベースボールキャップとまったく同素材ですので、同じように手で押しつぶすとクシャクシャっとペッタンコにすることも可能ですね m(_ _)m
やわらかい風合いが伝わりますね ^ ^

おりたたんで手軽に使えるバケットハット

久しぶりにやりますよ、ブランド側では機能としては紹介していない、バケットハットの隠し機能 ^ ^

このユナイテッドアスレの定番バケットハットは、初めの方でも紹介したタスラン加工にて柔らかな素材を使用しており、芯なども何もなく折り曲げる事ができますm(_ _)m


1 . 写真のようにバケットハットを半分に合わせて平らにします。


2 . 約三分の一の場所を内側に折り曲げます。


3 . その状態で半分のところをさらに二つに折り曲げます。


4 . そして、さらにさらに、縦の半分あたりを折り曲げる事も可能です・・

こんなにコンパクトになりました ^ ^;
大きさの目安として約12cm程度まで小さく出来ましたね m(_ _)m

ハマさん、ナイロンの素材なので、長時間折りたたんだままポケットに入れていたらシワシワになりませんか?

そう聞かれることを想定して、今日朝から折りたたんで、約5時間程度ずっとポケットに入れていました。
やはり継続して折り曲げるので多少の折り跡はつきますが、感じ方には個人差はありますが、許容範囲だと思いますよ。
僕自身はそんなに気にならないですよ ^ ^

そうなんですね ^ ^
それもタスラン加工の素材の「しわになりにくい」というメリットなんですかね ^ ^

はっきりと断言はできませんが、そうかもしれませんね m(_ _)m

そしてそして、ポケットから取り出して、ちょっとしたランチの買い出し時のエコバックとして使えたり・・

その機能は、少し無理があるので、ハマさん勝手にやっててください(汗) ^ ^;

そうですよね(汗)。この機能は、僕が勝手にやっときます。

ナイロンバケットハットのサイズ感について

さて(笑)、いつものようにキャップのサイズ感についてです。今回は、ナイロンバケットハットのご紹介です。




フロント部分は一般的に刺繍やオリジナルプリントなどのオリジナル加工をする機会の多い場所になりますので、加工範囲がわかりやすいように、パネル部分の大きさを計測しておきました。
また、左右に関しては目印としてサイドの通気穴から反対側の通気穴まで計測した、およそのサイズ感となっていますので誤差などが出てしまう事は、了承下さいねm(_ _)m

あと、頭のサイズの測り方とキャップのサイズの選び方の参考の投稿へリンク貼っておきますね。
バケットハットも頭のサイズの測り方は、キャップと同じ発想ですので、しっかりと自分のあたまのサイズ把握しておいてくださいね。

はい、初めての人は、是非計測してみて下さいねm(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

バケットハットキャップに関しましては2色展開で在庫品が用意されています。

2色のカラー展開です。
ブラック
ネイビー

カラー展開もシンプルなブラック・ネイビーの2色が用意されています ^ ^ 。

さて、最後に・・ちょっとした余談なのですが・・。
今日ですが、バケットハットの写真撮りに行く途中に手を洗ったのですが、その際に水がバケットハットにかかってしまい・・

アイテムジェニックで撮影する大切なバケットハットを濡らしてしまったんですね ^ ^;
でも前後左右似たような作りでよかったですね。水がついた部分は、うまく隠せてますよ、全然気づきません ^ ^

いえ、ボ太郎君、そんな事が言いたいのではないのですが(汗)・・
実は、ちょっとですが、ちいさな水が数カ所にかかっていたのをはじいてくれていたんです。
手でパシパシとはらったらすぐに乾いてくれたんです ^ ^;

それだったら「ちょっとした小雨」や「ちょっとした水遊び」なんかに便利そうですね。
まさにアウトドア仕様のバケットハットじゃないですか ^ ^

ただ、オフィシャルな機能ではないので、過度に期待はしないで欲しいですが、アウターとしてのナイロン素材というのも案外使いやすいのかもしれませんね ^ ^
新しい発見が出来ました・・・以上、余談でございました ^ ^;

ご紹介中の商品はこちらにて販売中です。

ナイロンバケットハット

[ua967401] UnitedAthle 無地 ナイロンバケットハット