カモフラデザイン マチの広さが使いやすいミニトートバッグ

久しぶりのキャップ以外のアイテムジェニック投稿です ^ ^
カモフラデザインがかっこよすぎてトートバッグですが、今回話題にさせて頂きますm(_ _)m

このトートバッグって以前にミニランチバッグとか言って帽子の持ち運びの際につかっているトートバッグと同じカタチのものですか?

ボ太郎君、そのとおりですよ ^ ^
もし興味ある人がいたら、↑↑以前の投稿を復習してみて下さいね m(_ _)m

では、早速ですが、カモフラデザインの紹介はお決まりのネタからスタート致しますね ^ ^;では、はじまりはじまり m(_ _)m

もくじ

カモフラデザインのトートバッグの最大の特徴


「・・・。」

あ、「草むらしか映ってないじゃないですか」
的ないつもの定番のやつですね(笑) ^ ^;

ボ太郎君、さすがに今回は「草むらにトートバッグが隠れいている」という事実に気づきましたか?

さすがに気づきますよ(笑) ^ ^;
このパターン何回もやってますから (汗) ^ ^;


(笑)・・それはそうですね ^ ^
でも、さすがカモフラデザインです、「草の緑」と「土の茶色」によく馴染んでいますよね ^ ^

確かに、もし「このカモフラデザインのトートバックが無造作に草むらに置いてあったとしたら」遠目に見たら気付かないかもしれませんね ^ ^;

そうですね ^ ^
これこそカモフラデザインの「目をくらませる」という最大の特長ですねm(_ _)m

キャンバス素材のシンプルなミニトートバッグです。


正面からのミニトートバッグのデザインです。
前・後ろともにカモフラ模様をのぞいては、まったく同じ仕様でシンプルなバッグとなっていますので、あえて反対側は割愛させて頂きますm(_ _)m


続いて生地の特徴についてご紹介致します。
素材感は、ゴツゴツっとした帆布生地を使用したミニトートバッグです ^ ^
カモフラデザインの模様は、ソフト顔料と呼ばれる材料でのプリントで表現されています m(_ _)m

ソフト顔料って?

ソフト顔料という言葉は、僕自身もあまり馴染みがないのですが、タオルのプリントなどで使われたりが多いようですね ^ ^;
おおざっぱな説明をさせて頂きますが、プリント材料が「顔料」「染料」と分けられているのですが、「ソフト顔料」は、その間に位置しているとイメージしてもらえば良いかと思います ^ ^;

  • 「顔料」→生地の上に色がのっているので触り心地がプリント感がある。
  • 「ソフト顔料」→しみこんだように生地の上に色がのっているので触り心地がより生地感に近い。
  • 「染料」→生地に色が染み込んでいるので、触り心地が生地感である。

僕が勝手に表現したものすごくざっくりした説明になってしまいましたが ^ ^;
要するにソフト顔料は、通常の顔料プリントに比べてより触り心地が良いと思って頂ければと思います m(_ _)m

ハマさん、そうなんですね ^ ^
なんとなくですがイメージ出来ました m(_ _)m

公式的な語彙ではなく、雰囲気としての説明ですので、ちゃんとした内容を知りたい方は、別途問い合わせて頂ければと思います ^ ^;
次に進みます。



では、平置きの写真の紹介です。
普通に平らに置いた場合を真上から撮影しました m(_ _)m
2番目の写真が少しわかりずらいかもしれませんが、マチの部分を広げて撮影しています ^ ^;

どちらの写真も同じに見えました ^ ^;
なんだかカモフラ模様が同化してしまってますね(笑)。

確かにそうですね・・・。
↓↓こちらの写真のほうがわかりやすいですね m(_ _)m

マチが広めで使いやすいミニトートバッグです。


マチが広めのミニトートバッグなので使い勝手がとても良いです ^ ^

正方形に近いマチになっているので、帽子を入れてもすっぽり入って持ち運びがとっても便利なんですよね?

そうなんです、僕にとっては、帽子専用のトートバッグなんですよ(笑) ^ ^;

内ポケットもなにもないシンプルな仕様です

あとトートバッグの仕様についてもう少しだけ掘り下げていきますね m(_ _)m


このシリーズのミニトートバッグは、最もシンプルな仕様ですので、内側ポケットもなにもありません。
わかりやすく説明する為に裏返しにしてみました。
シンプルなトートバッグですね ^ ^;


さらに反対側ですが、ブランドタグが挟み込んで縫い付けられている以外は先ほどと同様にシンプルですね m(_ _)m

このブランドタグは、ハマさんのヘビーローテーションの仕事着のユナイテッドアスレのブランドタグですね ^ ^

はい、そのとおりです ^ ^;
では、ユナイテッドアスレについて簡単に紹介しておきます m(_ _)m

ユナイテッドアスレのトートバッグシリーズです。


先ほど話題にあがったユナイテッドアスレのブランドタグのアップ写真です ^ ^
スペルは「United Athle」で赤色のボックスデザインに白抜き文字が特長のロゴマークですね ^ ^。

ユナイテッドアスレは、グラフィックなどのデザインをプリントする為の無地ウェアを取り扱っているオリジナルTシャツ業界のブランドの一つですね ^ ^。

ハマさんのお気に入りの「5942品番のプレミアムTシャツ」が有名なブランドですね ^ ^

もちろん今日も着ていますよ「5942品番のプレミアムTシャツ」(笑) ^ ^;
そんな5942品番の歴史やユナイテッドアスレの歴史などについてもっと詳しく知りたい方は、以前の投稿がとても参考になり面白いですよ ^ ^

また時間のある時にでも参照してみて下さいね m(_ _)m

キャンバスミニトートバッグのサイズ感について

では、今回紹介させて頂いている、キャンバスミニトートバッグの大きさについての情報をご確認下さい m(_ _)m。




A4サイズが「210×297mm」なのですが。
例えば、A4サイズの紙をヨコにして横側はすっぽり入りますが、マチをつける為の仕様として、底部分に向けて斜めになっているので、3割くらいが飛び出るくらいのサイズ感です。
持ち手部分は、腕をとおしてひじでバッグを持つこともできる大きさで、マチもゆったりで、たいへん使いやすい仕様になっています。

カラーはカモフラデザインでお洒落の幅も広がります。

今回はカモフラデザインのみを別枠にて紹介していますので、ウッドランドカモフラのカラー展開のみとなっています m(_ _)m

1色のカラー展開です。
ウッドランドカモフラ

このトートバッグは、以前紹介したベーシックなカラーの分(6色展開の分)と同品番にて発売されているのですが、そのシリーズの中で僕が勝手に別枠で取り上げているものになりますので、同じ仕様で普通のカラーが良いという場合は前回のランチバッグの投稿を参照してもらえればと思います m(_ _)m

ユーズド感がでて、とても良い雰囲気のトートバッグです。

最後にちょっとした特徴をつけ足しておきます ^ ^
このトートバッグですが、ソフト顔料を使ってカモフラデザインを表現していると先ほど紹介しましたが ^ ^
「狙ってなのか」「たまたまなのか」分かりませんが仕上がりがユーズド感が出てとても良い雰囲気になっています m(_ _)m


ソフト顔料を使用しているという事で、はじめは色落ち度合いが大きくなるので、先洗いして、はじめに色落ちさせてるのかもしれませんね ^ ^
良い雰囲気ですね ^ ^

実は「古着感が出ているなぁ」と思ってました ^ ^
また、ハマさんが普段使っているサンプルか何かをタンスから引っ張り出してきて、持ってきたのかと思ってました(笑) ^ ^;

ボ太郎君・・こちらは、昨日新たに購入した新品ですよ ^ ^; まだ一度も使用していません m(_ _)m
それに、今まで僕の使い古しの私物やら何やらを使って紹介した事はありませんよ(笑)・・撮影しているものは「いつも新品」です ^ ^;

カモフラのトートバッグは無地のままでも何かデザインを加工してもオールマイティに使えますね ^ ^
以前から愛用していた同じシリーズの黒のトートバッグがあるのですが、カモフラのバッグがヘビーローテーションになりそうですね(笑) ^ ^;
読者の皆様に「カモフラデザイン マチの広さが使いやすいミニトートバッグ」の魅力が伝える事ができたかどうかの不安は残りますが・・ ^ ^;
最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m
また次回お会いしましょう ^ ^