編み模様がお洒落 newhattan アクリルニットキャップ

ボ太郎君、昨日・今日と寒波の影響ですっごく寒いですね ^ ^;
着込んでいるのである程度寒さはしのげているのですが「耳が冷たい」ですね~ T T
どうにかなりませんかね・・(寒)。

「そうだ、そんな時は、ニットキャップをかぶろう!!」

ハマさん(笑)、その「一人芝居」なんとかなりませんかね ^ ^;
ものすごくわざとらしいですよ(汗)・・m(_ _)m

あ、やっぱり無理がありますか ^ ^;
「そうか。ニットキャップがあったか?」と共感が得られると思ったのですが・・(汗)、

冗談はさておき、実際にニットキャップは「持ち運び」「見た目」「防寒」において重宝するアイテムなんですよ ^ ^
そしてオリジナル加工も映えますよ m(_ _)m

もくじ

[ スポンサー広告 ]

アクリルニットキャップの帽子紹介

ニットキャップは、全体的にはシンプルですので、紹介と言っても気になる情報と言えば「カタチ」「素材」「サイズ」くらいしかないのですが ^ ^;
出来る限り掘り下げて紹介していきたいと思います m(_ _)m



ニューハッタンのアクリルニットキャップは、裾をおり上げた「ダブル」になった定番ニットキャップです m(_ _)m
「うら」「おもて」がわかりやすいワンポイントの目印がありますね ^ ^

はい、ピスネームが縫い付けてありますね ^ ^
ワンポイントでとてもかっこいいですね ^ ^


そうですね「newhattan」のブランドロゴのピスネームですねm(_ _)m
左右3.5cm程度の小ぶりのピスネームです ^ ^

主張しすぎてないところが、お洒落でかっこいいですね ^ ^


あと素材感ですが、簡単に言うと「毛糸」ですね ^ ^
おそらく「直径4mmくらいの糸」で編まれているニットキャップです m(_ _)m
「ギュッ」と濃密に編まれているので分厚さはあまり感じませんので、秋・春も十分使えそうです ^ ^

ハマさん、なんか4mmと言われても全然ピンときませんね(汗) ^ ^;
一応、目安としてですよね ^ ^

そうですよね ^ ^;
ま、細かな糸の太さは気にしないで下さいね m(_ _)m
次に進めます ^ ^;



おり上げたダブルの部分ですが、全部伸ばすことが可能です m(_ _)m


よく見て欲しいのですが、ニットキャップを伸ばした時にも、ブランドロゴもしっかり読めるようになっていますね。

ハマさん、これは、2通りのかぶり方が出来ると思っていいのでしょうか?

本来のブランドとしての意図はよくわかりませんが、2通りのデザインが楽しめそうですね m(_ _)m


少し補足なのですが
ニューハッタンのこのニットキャップですが、ダブルになる部分を編み方を変えられているので、折り曲げる際にもカタチを一定に保てますね ^ ^
とても使いやすいですね m(_ _)m


ほんとですね、上の面と下の面では、凹凸になっている編み方が変わっていますね。
ちゃんと考えられたデザインなんですね ^ ^

そうですね、使う人にとって優しいデザインですね ^ ^
関心します m(_ _)m

あと、もしかしたら、あまり気にならないかもしれませんが、一応裏側も紹介しておきます m(_ _)m



裏返してみました ^ ^
ウラ側は、特に付け加えて説明するほどではないですが、しいて言うと「品質表示」が縫い込まれているくらいですね ^ ^;
アクリル100%でぬるま湯で手洗いをすればいいですね m(_ _)m

キャップのサイズ感について

では、キャップのサイズ感についてです。今回は、アクリルニットキャップのご紹介です。





毛糸で編みあわされているので、一応ひっぱれば、伸縮がある編み方になっていますので測り方によって大きく変わってしまいますね ^ ^
また、縫製時に「職人さんのクセ」によって大きくばらつきが出やすいですね、どうしても個体差が通常のキャップに比べると大きくなってしまいますが、手元にあるものを基準に計測してみました。
これが100%ではないですが、だいたいこんな感じです。


一応ですが、ひっぱれば、こんな感じで伸びます m(_ _)m
糸自体に伸縮性はありませんが、編み方により糸と糸に隙間が出来、伸びるというような原理ですね ^ ^

こちらは、キャップのサイズの選び方についてなのですが、キャップ・ハット・ニットキャップでも測り方自体は同じですので ^ ^
投稿のリンクを参考して頂ければ大丈夫です ^ ^。

初めての方は、今後の為にも是非知っておいていただければ役に立つと思います m(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

ニューハッタンのアクリルニットキャップに関しましては8色展開で在庫品が用意されています。

8色のカラー展開です。
ブラック
バーガンディ
ダークグレー
グレー
カーキ
オリーブ
オレンジ
レッド

十分なカラーバリエーションですね m(_ _)m
今回ブログとして紹介しているのは、オリーブ色になります ^ ^;

僕個人的には「からし色」が無いのが残念ですが、十分なカラーバリエーションですね ^ ^
オリーブ色もいい雰囲気です ^ ^

実際にニットキャップをかぶってみた。

実際にかぶってみたと言っても僕ではなく「マ・ネ・キ・ン」ですが・・ ^ ^;
今回の投稿で「ダブル」の場合と「伸ばした」場合の2通りのかぶり方が出来そうという事にふれましたが、どちらもやってみました ^ ^


ダブルになっているおり上げた部分がインパクトがあり「かわいらしいスタイル」で着用できますね ^ ^
帽子のてっぺんは、少しゆとりあるかぶり方がシルエット的にもお洒落になりますね m(_ _)m


こちらは、正式な使い方かどうかは分かりませんが、ダブルになってる部分を伸ばしたかぶり方です。
三角帽子みたいで、コレはコレで「あり」だとは思うのですが、一つの帽子を気分次第で、かぶり方を変えてみるのも面白いですね ^ ^

凹凸がストライプになっていていい感じの雰囲気ですね ^ ^
でも、2通りのかぶり方だと「オリジナル加工」を考えるとどちらかを妥協しなければなりませんよね ^ ^;

そうですね m(_ _)m
そもそも2通りと考えず、メインに加工してしまっても問題ないですが、
例えば「ニットキャップを伸ばしてかぶる際にオリジナルデザインが出てくる」とか「伸ばした時にオリジナルデザインが隠れる」とか色々な遊び方も出来そうですね。

使う人のアイデア次第で、様々な使い方が実現できそうですね ^ ^
オリジナルキャップは決まったカタチがなく自由ですので、どんな使い方をしてもいいんですよ ^ ^
遊びにきて頂いている読者の皆様も是非とも面白いアイデアがあったら教えて欲しいです m(_ _)m
では、お待ちしていますよ(笑) ^ ^;

スポンサード広告