newhattan フラットバイザーアンストラクチャードキャップ

今回のシリーズは、6パネルキャップの兄弟分にあたるのかな? ^ ^
フラットバイザーの6パネルキャップです。

少し気になったのですが、このキャップって、ツバを折り曲げたら、スタンダードな6パネルキャップと同じになったりして・・(笑) ^ ^

ボ太郎君、いきなりですね ^ ^;
このキャップですが、そもそもファッションとしてののコンセプトに反するので、ここでは、その比較は、やめておきましょうね、少々ややこしくなりそうですから ^ ^;

う~ん・・すごく気になりますが・・ (/ 3/)

さて、話がそれてしまいましたが、フラットバイザー6パネルキャップの詳細をご紹介させて頂きますね m(_ _)m

もくじ

[ スポンサー広告 ]

アンストラクチャードな仕様のキャップです。

ボ太郎君、問題です ^ ^
「アンストラクチャード」というのは、どのような意味だったか覚えていますか?
以前にも紹介したことがありましたが、復習です ^ ^

う~ん「芯のないやわらかなもの」というような意味合いだったように思います。
うろ覚えですが・・ ^ ^;

ボ太郎君、だいたい正解です(笑) ^ ^;
正確には「unstructured」というスペルで「定まったカタチのない」という意味合いですね m(_ _)m
ま、このキャップのネーミングの意図としては、芯のないやわらかなキャップという認識で大丈夫です ^ ^

以前のものは「YUPOONG」の5パネルのものでしたよね ^ ^
同じネーミングのキャップですが、まったく雰囲気が変わりますね m(_ _)m

そうですね ^ ^
ブランドが変わればキャップのつくりも大きく変わりますね ^ ^。
さて、前置きはこれくらいにして、詳細へすすみましょう m(_ _)m

ツバが平らなアンストラクチャード6パネルキャップ


では、まず正面からの写真の紹介です m(_ _)m
ニューハッタンの特長としての綿100%の生地に洗いをかけたウォッシュド素材です。
スタイル的にも、浅めのデザインのキャップですね ^ ^

ハマさん、今回のシリーズは、素材の色落ち感がすごいですね ^ ^
ブラックが濃いグレーっぽくなっていますね ^ ^

ボ太郎君・・これは「チャコールグレー」のカラーですよ、もともとこの色なんです m(_ _)m
だからブラックではありません ^ ^;

そうなんですね・・、
てっきり色落ちでそうなったのかと思いましたよ(汗) ^ ^;

ボ太郎君は、おっちょこちょいですね ^ ^
ま、でもなんとなく分かります、素材にちゃんと洗い感が出ていますもんね ^ ^;
あと、アンストラクチャードな感じも写真撮りましたので、載せておきます m(_ _)m


キャップのあたま部分ですが、芯がないので、手で押しつぶしたらペッタンコになりますね ^ ^

それなら、小さく折りたたんで収納できますね?

ボ太郎君、ツバにはしっかりとした芯が入っているので、さすがに小さく折りたたみは難しいですね ^ ^;
あたま部分だけなら出来そうですが ^ ^;



さて、次の説明に移りますね m(_ _)m
サイドとバックスタイルになります。
まずは、横から平らに写真を撮ってみるとわかるようにツバが平らで浅めのデザインですね ^ ^
バックスタイルは、いつものニューハッタン定番のアンティーク風な金属の仕様ですね m(_ _)m

ハマさん、相変わらずこの仕様はしっくりと来ますね ^ ^
この金具の仕様の紹介何回目でしょうか ^ ^; 常連さんですね ^ ^

(笑)、常連さんついでにサイズ調整の方法についても、今回も、またまた紹介させて頂きますね ^ ^;






はい、簡単になりますが、数枚の写真を流れに沿って撮影してみました^ ^、順に解説致しますm(_ _)m

1.ロゴの刻印された部分をひっぱります。
2.楕円形の金具の中に共生地のベルトを収納していますので、ひっぱり出します。
3.好きなサイズまでベルトを締めたり・緩めたりして調整します。
4.ロゴの刻印された部分をもとどおりたおす。
5.最後にベルト収納場所へ戻せば完了です。

毎度のことながら、僕が勝手に順序決めていまっていますので ^ ^;
自分流でやって頂ければと思います ^ ^;

ハマさん、最後の余ったひもを穴に入れて行く工程ですが、ひもが折れ曲がったりして、なかなかうまく入れれないんですよね(汗) ^ ^;
何かコツみたいなものがありますか?

ボ太郎君、実は・・下記を見て下さい m(_ _)m


キャップの内側にあるビン皮とよばれるテープ部分ですが、それをめくってみて下さい m(_ _)m


穴をとおした調整ひもは、ビン皮の内側にでてくるんですよ ^ ^;
ここからひっぱったら簡単です(笑) m(_ _)m

ハマさん、もっと早く言って下さいよ(汗) ^ ^;
今まで気づかずで、必死に「入れにくいなぁ」と思いながら頑張ってましたよ・・ (T T)。

すみません ^ ^;
もっと早くに伝えればよかったですね(笑) ^ ^。
では、次に進みますね m(_ _)m



さて、真上からと裏側の写真です。
「百聞は一見に如かず」・・上記写真のとおりです m(_ _)m


ニューハッタンのシリーズは、天ボタンの留め具はロゴの刻印等はないシンプルな仕様ですね m(_ _)m

ニューハッタンはニューヨーク出身のキャップブランドです。


では、ブランドについてですが、前回から少し期間があきましたので簡単に復習します m(_ _)m。
ニューハッタンは、2005年に生まれ、ニューヨークに本社を置くキャップのメーカーでしたね ^ ^
そして、2年くらい前までは大文字のNEWHATTANだったのですが、現在はリニューアルされ小文字のnewhattanに移行されていますね m(_ _)m。

今のところボウシクローゼットで紹介しているものはすべて「newhattan」と小文字のものばかりですね ^ ^。

そうですね、もしかしたら僕が購入しているルートでは「リニューアル後のものに移行済み」なのかもしれませんね ^ ^。

キャップのサイズ感について

では、キャップのサイズ感についてです。今回は、アンストラクチャード6パネルキャップのご紹介です。




フロント部分は、中央に縫製になっているベースボールキャップ仕様。オリジナル加工の際にサイズ感がわかりやすい為に、ツバから穴までの距離を記載しています。
左右に関してはタテの中央あたりを縫い目から縫い目まで計測した、およそのサイズ感となっていますので予めご了承下さいねm(_ _)m

はい、キャップサイズの選び方についてはいつもと一緒ですね ^ ^
投稿のリンクを下記貼っておきます。参考にしてください。

はい、宜しくお願い致しますm(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

アンストラクチャード6パネルキャップに関しましては10色展開で在庫品が用意されています。

10色のカラー展開です。
ホワイト
ブラック
チャコール
グレー
カーキ
ネイビー
プッティ
ライトピンク
レッド
バーガンディ

基本的にはスタンダードな6パネルキャップとは同素材なのですが、それと比べるとシンプルな色バリエーションが多めですね m(_ _)m
今回の紹介のものは「チャコール」ですよ ^ ^;

ハマさんが、何度も言わなくても、もう大丈夫ですよ ^ ^
ブラックではなく、チャコールですね (笑) ^ ^;

ここだけの話、キャップを検証してみました。

あと、ハマさん、最後にここだけの話なのですが、このフラットバイザーですが「ツバにアーチをかけよう」と思い折り曲げてみたのですが・・

ボ太郎君、やめておきましょうと言ったのにやってしまいましたか・・ ^ ^;
ほんと好奇心旺盛ですね ^ ^

それで「ですが・・」の後、何ですか?
まさか見分けがつかなくなった、なんてオチではないでしょうね(笑) ^ ^;

そのまさかです(汗)・・




なんか見分けがつかなくなりましたね(汗) ^ ^;
同じ品番のキャップです。って言ってもわからないかもしれませんね(汗) ^ ^;
通常の「n1400品番」と「n1480品番」では販売する価格がだいぶ違ってくるんですか?

フラットバイザーの「n1480品番」のほうが「だいぶ」高くなりますよ ^ ^
ですので、フラットバイザーを買って、わざわざ折り曲げて使うというのは、いかがなものかと思いますね(笑) ^ ^;

そもそもファッションとしてのコンセプトが違うので、二つの品番を比べる事自体が間違っていますね ^ ^;
ツバを曲げるという事は、ここだけの話にしておきましょうね(汗) ^ ^;
皆様も「どうぞ宜しくお願いします」・・ね(笑) m(_ _)m

スポンサード広告