ニューハッタン 防寒仕様のパイロットキャップ

先日ご紹介しましたニューハッタンブランドの投稿に登場したパイロットキャップが遂にやって来ました ^ ^

ハマさん、ファーストインパクトも期待どおりのかっこよさですね ^ ^
寒い季節でも重宝できて、お洒落で、とてもいい感じですね ^ ^。

使う季節が少し限定されてしまうのが少し残念なのところすが、それを考えても是非ともご紹介しておきたい帽子アイテムと言ってもいいでしょうm(_ _)m
特に寒い季節は手放せなくなるかもしれませんね ^ ^

ハマさん、前置きはいいので、早く帽子の紹介してください ^ ^
ワクワクして期待感でいっぱいなんです ^ ^

ボ太郎君、いつになく「鼻息が荒め」ですね(笑)・・あまりハードル上げないで下さいね ^ ^;(汗)

もくじ

[ スポンサー広告 ]

ナイロン中綿入りのアヴィエーターハット

導入にて普段とは違う雰囲気のキャップの為、若干期待感が高めでスタートしていますが・・パイロットキャップまたはフライトキャップという種類の帽子です。
ブランド正式名称は「アヴィエーターハット」という名前が付けられていますので、タイトルにはアヴィエーターハットと書きますが、僕はパイロットキャップと表現しますねm(_ _)m

ところで、アヴィエーターって一体どういう意味なんですか?

アヴィエーターは「aviator」というスペルの英語で「飛行家」とか「飛行士」などと訳されます ^ ^
ま、ようするに飛行家・飛行士などがかぶっているような帽子という意味合いで名付けられたのだと思いますが、
パイロット・フライトなども意味合いとしては同じような感じですので、呼び名が分かれているのだと思います m(_ _)m


さて、モコモコとした毛なみでとても温かみのあるデザインの帽子ですね m(_ _)m
顔・首のまわりから耳元までしっかりと隠れる為、防寒としても申し分ありませんね ^ ^。



続いて、サイドからの写真です。
映画や漫画などで前にプロペラがついている小型の飛行機に乗っている人がかぶってそうな、まさにあのデザインですね(笑) ^ ^
後ろ側からみると特筆する事はないですが、写真のとおりのデザインですね m(_ _)m

ハマさん、帽子の横側のちょうど頭の中央あたりにボタンが付いていますが、飾りではないですよね?
耳あたりにある半円の生地を上に持ち上げれるんですかね?


この部分ですよね ^ ^
ボ太郎君のご想像のとおりなのですよ ^ ^



実際に持ち上げて止めてみました。
スタイル的にはこのような雰囲気になります m(_ _)m
機能的にはどのような効果があるのかがいまいち「ピン」と来ませんが、ボタンのすぐ上に通気穴があるようですので、若干通気性をよくすることが出来るのかもしれませんね ^ ^;

普段は通常にかぶっていて、蒸れてきたらチェンジするみたいな仕様なんですね ^ ^
なんか見た目的にもワイルドになりましたね ^ ^

確かに少しワイルドな感じもしますね ^ ^;
「平常な気分の時」「アクティブな気分の時」みたいに連動したら面白いですね(笑) m(_ _)m
では、次へ進みますね ^ ^;



それでは、上からとうち側の写真です。
上からに関しては特筆する事はなさそうですね、シンプルです m(_ _)m
うち側ですが、頭のまわりが毛なみで覆われている仕様となっていますが、帽子のうち側は、キルティングになっていて中綿入りでモコモコしていて着心地がいいです ^ ^
それに、やっぱり温かいです m(_ _)m



アップの写真も紹介しておきますm(_ _)m毛なみ部分ですがブラウンのグラデーションでかっこいい仕上がりになっています ^ ^
また、内側のキルティング3cm角くらいの四角で良い感じの仕上がりですねm(_ _)m


アゴにも調整できるひもが付いていて、自転車に乗っていても風に飛ばされる心配ないですね ^ ^;

ボ太郎君(笑)、自転車でキャップが飛ばされるの「あるある」ですもんね(笑) ^ ^;
パイロットキャップというだけあって、向かい風にも強い仕様になっていますね ^ ^。
さらにゴーグルもつければ、もう完璧ですね m(_ _)m

ニューハッタンのアヴィエーターハットです。


ブランドタグは、着用してちょうど後ろ側に縫い付けてありますm(_ _)m
いつもの小文字で「newhattan」とかかれているロゴマークですね m(_ _)m

アヴィエーターハットのサイズ感について

今回はいつものキャップとは違いカタチが特長的なので、およその感じで測ってみましたm(_ _)m
アヴィエーターキャップのサイズの全貌です ^ ^




オリジナル加工の事を踏まえると、いったいどこを焦点に計測すれば良いのか迷ってしまったのですが、必要そうな場所を「独断と偏見」でサイズ感を測っています ^ ^
とりあえず大きさの雰囲気がわかるようにあちこちと距離を記していますが、基本的には「頭の周囲さえ把握しておけば問題ないかな?」と思いますm(_ _)m

あと、頭のサイズの測り方に関しては、普段のキャップのサイズの選び方と同じですので、いつもの参考の投稿へリンク貼っておきますね。

知らない人は、是非確認してみて下さいね ^ ^
宜しくお願いしますm(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

アヴィエーターハットに関しましては7色展開の在庫品をご紹介させて頂きますm(_ _)m。

7色のカラー展開です。
オリーブ
ブラック
ネイビー
レッド
キャメル
ホットピンク
バーガンディ

このパイロットキャップですが、オリーブ系とか濃い色の印象しかないのですが、結構明るめの色んなカラー展開があるんですね ^ ^
ホットピンクなんて素敵ですね ^ ^

カジュアルなカラーもあるので冬場のキャンプなどでもぬくぬく着用したり ^ ^ 登山にも重宝しそうですね ^ ^
使い道たくさんありそうでワクワクしますね m(_ _)m

アヴィエーターハットの「実は?」なかぶり方

最後に、ボ太郎君には秘密にしていたのですが「実は?」なかぶり方があるんですよ ^ ^

ハマさん、なんですか?「実は」なかぶり方って(笑) ^ ^
めちゃくちゃ意味深ですね ^ ^;

いいですか、行きますよ・・
5ステップで説明します ^ ^


【STEP01】 キャップの後ろ側に生地のつなぎ目になっているラインがあるのを見つけて下さい ^ ^


【STEP02】ラインになっているところを目印に生地を上に折り曲げて下さい m(_ _)m


【STEP03】左右・後ろすべてキレイに折り曲げると上記のように羽を広げたようになると思います ^ ^


【STEP04】両端をあたまの上に持ってきてくださいm(_ _)
アゴひもについているベルトがちょうど頭のうえにくるので「カチッ」と止めて下さい。


【STEP05】さっきまでとはちがった雰囲気の帽子に仕上がります ^ ^
最後に仕上がりのデザインを楽しんで下さい ^ ^
耳まわりもスッキリですね m(_ _)m

ハマさん「目からうろこです」 ^ ^
こんな機能があったんですね~・・ ^ ^;




どうですか?この変身っぷり(笑) ^ ^ 気に入りましたか?

おぉ~ ^ ^
ますますかっこいいですね。
二通りのデザインを楽しめるなんて気に入りました。

実は、僕もパイロットキャップというものを今回はじめて手にしたので、こんな変身ができるキャップというのを「今」知ったばかりで、とても驚いているのです(笑) ^ ^

ハマさん、相変わらず行き当たりばったりの紹介ですね~(笑) ^ ^

すみません(汗) ^ ^;
読者の皆様へ
結構「写真多め」「説明多め」の投稿になってしまいましたが、パイロットキャップの魅力に触れて頂けたでしょうか?
野外の活動で防寒しながらもオリジナルプリントなどを入れてチームで楽しむ ^ ^
そのようなアイテムになってくれたらと思っていますm(_ _)m
今シーズンは少し遅めの紹介となってしまったので、パイロットキャップに関しては、本格的な稼働としては来シーズンになってしまうかもしれませんが、もし興味があればいつでも相談してくださいね ^ ^
では、引き続きボウシクローゼットをお楽しみくださいm(_ _)m

スポンサード広告