newhattan ユーズド感のある ウォッシュデニムバケットハット

ニューハッタンの三つ目の素材シリーズ「デニムバケットハット」です ^ ^
ニューハッタンのキャップは、洗いをかけたウォシュド加工のアイテムが多めなのですが、中でもデニム系はよりユーズド感が出てお洒落に仕上がっています ^ ^

今回のブラックデニムは特に「使い込みましたねー感」がすごい出てますね ^ ^

「使い込みましたね~感」って・・、ボ太郎君はやっぱり独特な言い回しを使いますね(汗)。
ま、わかりやすいので良いと思いますが ^ ^;

いや~それほどでもないですよ(照) (// //)
ところで、ニューハッタンのブランドのキャップって生地の展開が上手ですよね ^ ^
「ノーマルなウォッシュシリーズ」「カモフラシリーズ」「デニムシリーズ」でそれぞれのカタチで流用してますもんね ^ ^

そうですね ^ ^
とっても商品構成がわかりやすいですよね m(_ _)m
ただ、こちら側の話になりますが「ブログとして紹介するにあたっては、ワンパターン化してしまって」表現に遊びが無くなってきているように思いますが・・気にせず参りましょうか ^ ^

もくじ

[ スポンサー広告 ]

先洗いしたウォッシュデニムバケットハットです。


スタンダードに前から写真を撮りました。
バケットハットですね ^ ^
前から見ても、横から見ても、、デザイン的には、あまり変化が無い同じ雰囲気のハットです。



続いて、サイドからの写真です。
少しツバが折り曲がった写真になってしまいましたが、なんか「狩人の帽子」みたいな映り方になりましたが、気にしないで下さい ^ ^
サイドには、通気穴が二つあり、アンティークな金具を使用しています ^ ^。

ハマさん、ちょっと余談ですが
ついこの前、この通気穴のすぐ下にロゴを刺繍したバケットハットをかぶっている「お洒落な人」を見かけましたよ ^ ^
実は、この人「通気穴が前後」にくるようにかぶってましたよ(笑) ^ ^
もしかして、この穴が開いている方が前だったりして(汗) ^ ^;

通気穴がある部分が前という事はないと思いますが、使い方・かぶり方は「個人の自由」ですので、前と主張する人がいれば、それはそれで正解だと思います ^ ^;
それか、間違えて気付いていないか・・どちらかですね(笑) ^ ^;


ニューハッタンのデニム素材は「洗いをかけたユーズド素材」という特徴があるのですが、今回のブラックデニムに関しての洗いの存在感は強めですね ^ ^

すごく良い雰囲気が出ていますね ^ ^
こすれた感じがビンテージのデニムジーンズみたいです m(_ _)m。

はい、かっこいいですよね ^ ^



それでは、上からとうち側の写真です。
定番のバケットハットだけにシンプルな作りになっています m(_ _)m
ツバの裏側は表と同じ生地を重ねた二枚生地となっていますが、あたまの部分は一枚生地になっていますね ^ ^

ニューハッタンのバケットハットです。

バケットハットの場合は、ブランドタグが後ろ側についていますね ^ ^
ただし、別の仮説も立てられますが・・「キャップの場合は、いつもブランドタグが左側」についているので、その法則からするのであれば、通気穴がフロントと定義されてしまいますが・・
僕の考えでは、バケットハットに関しては、ブランドタグが後ろで間違いないと思っています(笑) ^ ^;
さて、下記がニューハッタンのブランドタグになっています。


newhattanと小文字のリニューアル後のロゴですね m(_ _)m

ハマさん、通気穴が前にくる説も完全に否定は出来なくなってきましたね(笑) ^ ^

そうですね、ボ太郎君 ^ ^。
この際「どっちが前」かは、あいまいなままにしておきましょうか(笑) ^ ^;

おりたたんで手軽に使えるバケットハット

ここからは、僕が便利だと思って勝手に機能として紹介しているものになるのですが、「折りたたんで使えるバケットハット」なのです ^ ^
流れがわかるように写真を撮りましたので、参考にしてみて下さい m(_ _)m





このニューハッタンの定番バケットハットは、芯なども何もなく折り曲げる事ができますm(_ _)m

1 . 写真のようにバケットハットを平らにします。
2 . 約三分の一の場所を内側に折り曲げます。
3 . その状態で半分のところをさらに二つに折り曲げます。
4 . そして、さらにさらに、縦の半分あたりを折り曲げると・・

こんなにコンパクトになりました ^ ^;
大きさの目安として11cm~12cm程度になっています m(_ _)m

頑張れば、ポケットに入りそうですね(汗) ^ ^; だいぶ膨らみそうですが・・
ハマさん、ブランド側ではそんな機能について何も触れていないですが、なんか本当に折りたたみ式バケットハットなのかと思えてきましたよ(汗) ^ ^;

そうでしょう、ボ太郎君 ^ ^
でも「正式な機能ではありません」ので「へぇ~便利な使い方してるんだな~」くらいで軽く捉えておいてくださいね m(_ _)m

ウォッシュデニムバケットハットのサイズ感について

では、いつものようにキャップのサイズ感についてです。今回は、ウォッシュデニムバケットハットのご紹介ですm(_ _)m




フロント部分は一般的に刺繍やオリジナルプリントなどのオリジナル加工をする機会の多い場所になりますので、加工範囲がわかりやすいように、パネル部分の大きさを計測しておきました。
また、左右に関しては目印としてサイドの通気穴の金具から反対側の金具まで計測した、およそのサイズ感となっていますので予めご了承下さいねm(_ _)m

あと、頭のサイズの測り方とキャップのサイズの選び方の参考の投稿へリンク貼っておきますね。
キャップ選びで大切なので、しっかりと自分のあたまのサイズ把握しておいてくださいね。
一応、説明はキャップを使用していますが、ハットも同じ考え方で大丈夫です m(_ _)m

はい、どうもありがとうございますm(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

デニムバケットハットに関しましては3色展開で在庫品が用意されています。

3色のカラー展開です。
ブラックデニム
ダークブルーデニム
ライトブルーデニム

ニューハッタンのお決まりの「ブラック」「ダークブルー」「ライトブルー」のデニムカラー展開ですね ^ ^

そうです ^ ^
基本カラーですね。

バケットハットのかぶり方について

ところでハマさん、この投稿の最初の写真ですが、ツバを少し折り曲げた感じで写真をとっていると思いますが、バケットハットって正確にはどのようにかぶるのが正解なんですか?


バケットハットとは、バケツをひっくりかえしたカタチからネーミングが来ているので、普通にツバを下した感じで着用するのが正解だと思いますよm(_ _)m。
でも、ファッションは個人で自由に表現していいので、断定はできませんので、一般論になりますが・・^ ^

僕は、ツバを折り返してかぶろうと思いますよ ^ ^
例えば、こんな感じ ^ ^



前だけツバを折り曲げて、すっきり顔を見せてみたり、全部ツバを折り返して、なんかお洒落なハットにしてしまったり(笑) ^ ^。

ボ太郎君、はじめのかぶり方は、実際にしている人もいそうですが、あとの写真になってくると、まさに「ボークパイハット」と呼ばれる別物のジャンルになってきますね ^ ^;
ま「あり」か「無し」かでいうと「あり」だとは思いますが、ブランド側でバケットハットという名称がつけられているので、ツバを伸ばしてかぶるのが正解だと思います ^ ^
ま、何度も念押しますが、自由なので断言はできませんが・・ ^ ^;

なんか、バケットハットって色々楽しめますね ^ ^。
とても興味が湧いてきましたm(_ _)m
もしかしたら、キャップよりも色んな使い方ができるのかなぁ~って思ったりしますね ^ ^
読者の皆様も是非とも「自分流」を見つけて楽しんでほしいですm(_ _)m

ボ太郎君、なんかうまくまとめて頂いたんですかね? ^ ^;
では、皆様、最後までお付き合いありがとうございます、引き続き宜しくお願い致しますm(_ _)m

スポンサード広告