ニューハッタンのベーシックな6パネルベースボールキャップ

僕が知ってるニューハッタンの中で最もベーシックなスタイルの6パネルベースボールキャップです ^ ^
まさに「シンプル is ベスト」キャップです!

以前に噂していた「6パネルキャップという名称を一般的にした」というニューハッタンのベースボールキャップですね ^ ^

そうですね ^ ^
ベーシックなスタイルのキャップで「スポーツ」はもちろん、「カジュアルファッション」「チームユニフォーム」「お洒落カフェ」など様々な場面で活躍しているベースボールキャップですよ ^ ^

そして何より、刺繍・プリント・ワッペンなどを加工するオリジナルキャップ作成としての帽子の本体として人気が高いアイテムなのです ^ ^
さっそく紹介していきますね m(_ _)m

もくじ

[ スポンサー広告 ]

ベーシックな6パネルベースボールキャップ

オリジナルキャップ作成の為の「無地キャップ業界」において「浅めのスタイルの6パネルキャップ」のカテゴリーにおいてニューハッタンは、王様的な存在になると思いますが、あえて特長として説明するとすれば「スタイリッシュなカタチ」と「ベーシックでシンプル」という表現になりますm(_ _)m

ハマさん、王様的な存在と言っているわりには、特長が普通ですね(笑)。

そうなんです(笑)。
シンプルでベーシックなのが人気なので仕方ないですね(汗) ^ ^;
ま、写真を紹介したほうが伝えやすいですね ^ ^


では、正面からの写真を紹介します ^ ^
ニューハッタンの6パネルの特長の一つとして浅めでスタイリッシュなカタチになっていますm(_ _)m
そして、生地にも特長があるのですが、ほんの少し使用感があるような風合いで、ウォッシュ加工がされた綿100%の素材が使用されています ^ ^


ウォッシュ加工しているんですね ^ ^
でも、そんなにユーズド感が無いですけどね。
確かに生地が少し毛羽だって白っぽい印象になっているところが「あるような」「ないないような」(笑) ^ ^

ボ太郎君、実は、僕もそこまでユーズド感は、感じません ^ ^;
が、「ほんの少しだけ色落ちしたのかな?」「一回洗った?」というくらいの絶妙な感じだと思いますね ^ ^

さりげない仕上がりがいい感じですね ^ ^
あとは、サラッと柔らかく仕上がってますね ^ ^ これもウォッシュ加工による素材感の特長ですね ^ ^



はい、バックスタイルですが、ビンテージ感のある素材感にぴったりのアンティーク金具を使用していて、ニューハッタンのキャップだというシンボルですね ^ ^
ユーズド感を表現する商品にはぴったりの仕様ですm(_ _)m

そうですね、前回のデニムのタイプの6パネルのキャップと同じ仕様ですねm(_ _)m
雰囲気出てますよね~ ^ ^

はい、ニューハッタンの6パネルシリーズの共通の仕様ですね ^ ^

では、サイズ調整の話題に入りますが、前回デニム6パネルキャップの投稿を読んだ人は内容がかぶってしまいますが、はじめての方の為にも、ちゃんと紹介しておきますm(_ _)m






はい、簡単ですが、数枚の写真を流れに沿って撮影してみました^ ^、順に解説致しますm(_ _)m

1.ロゴの刻印された部分をひっぱります。
2.楕円形の金具の中に共生地のベルトを収納していますので、ひっぱり出します。
3.好きなサイズまでベルトを締めたり・緩めたりして調整します。
4.ベルト収納場所へ戻せば完了です。
5.最後に、ロゴの刻印された部分をもとどおりたおせば完成です。

あと補足なのですが、サイズ調整の説明ですが、勝手に順序決めていますが、特に重要ではありませんのでm(_ _)m
自分流でやって頂ければと思います ^ ^;

ほんと、この仕様のサイズ調整ですが、数ミリ単位で合わせれるので、フィットできますね ^ ^
「散髪をしたとき」「髪が伸びてきたとき」柔軟にサイズ変更が出来ますね ^ ^

髪の毛の量で「サイズが合う・合わない」は「キャップあるある」ですね ^ ^;
でも微調整OKですので安心ですね ^ ^


次に、横から見ると浅めでスタイリッシュでかっこいいですね ^ ^。

やっぱり、写真映りが「とてもスタイリッシュ」ですね ^ ^
無地でシンプルなので、オリジナル加工もしっかりと合いそうですね ^ ^

はいオリジナル加工が合いますよ ^ ^
この6パネルですが、実は、デザインは通常よりも「小さくする」とかっこよくなるんですよ ^ ^
もちろん好みにはなりますが、今までワンポイントデザインでキャップ作成するご注文を頂いたもので、センスを感じるものもたくさんありましたよ ^ ^

お客様から頂くオリジナルキャップのデザインって、ココだけの話、結構勉強になるものも多いんです ^ ^;

ハマさん、プロなのに逆に勉強させてもらってるんですね(笑) ^ ^
そんなもんなんですね~。



さて、真上からと裏側の写真です。
まさに「シンプル」としか言いようがないですね ^ ^;


あと天ボタンの留め具はロゴの刻印等はなくシンプルな金具を使用していますねm(_ _)m

ニューヨークで生まれたニューハッタンの6パネルです。


はい、ブランドタグへ移ります。
ニューハッタンのキャップ紹介のたびに何度も何度もニューヨークに本社という紹介は「耳にタコができるので」割愛致しますねm(_ _)m
そして、大文字のNEWHATTANではなく、小文字のnewhattanの文字がリニューアル後の新しい方というのも割愛します(笑)。

いや「割愛」と言いながらしっかり説明していますよ ^ ^。
ハマさん天然ですね(笑) ^ ^;

ついでに、キャップ自体の量産は「Made in China」ですが、企画はニューヨークという事も割愛します(笑) ^ ^

(笑)、結局全部説明しましたね ^ ^

キャップのサイズ感について

では、キャップのサイズ感についてです。今回は、6パネルベースボールキャップのご紹介です。




フロント部分は、中央に縫製になっているベースボールキャップ仕様。オリジナル加工の際にサイズ感がわかりやすい為に、ツバから穴までの距離を記載しています。
左右に関してはタテの中央あたりを縫い目から縫い目まで計測した、およそのサイズ感となっていますので予めご了承下さいねm(_ _)m

はい、キャップサイズの選び方についてはいつもと一緒ですね ^ ^
投稿のリンクを下記貼っておきます。参考にしてください。

はい、宜しくお願い致しますm(_ _)m

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

6パネルベースボールキャップに関しましては16色展開で在庫品が用意されています。

16色のカラー展開です。
ホワイト
プッティ
カーキ
チャコール
スカイブルー
ターコイズ
ネイビー
パープル
ブラック
ケリー
カッパー
ゴールド
バーガンディ
レッド
ライトピンク
ホットピンク

さすが6パネルキャップの王様的存在ですね、カラーバリエーションも豊富ですm(_ _)m
あと大きい声では言えないのですが、ボウシクローゼットでは運営の都合上16色に絞って紹介をしているのですが、実は、40色以上のカラーバリエーションがあるんですよ ^ ^

ハマさんが、王様的な存在だといった意味がわかりました ^ ^
これだけカラー展開を出すという事は、やっぱり人気が高いんですね~ ^ ^

そうなんですよ ^ ^
共感してもらえて嬉しいですよ ^ ^
もし、上記カラーバリエーションの中で自分の思う色がない場合は、どうしても他に色を探したいという強い想いの方がいらっしゃったら、どんな色があるかをお伝えさせて頂きます ^ ^

ハマさん、それだったら最初から全部掲載しておいたらいいのに~ ^ ^

ボ太郎君、僕もそうしようかと思ったのですが「大人の事情」があるんです(笑)。
そこは、そっとしておいてくれると有難いです(汗) ^ ^;

読者の皆様も、是非オリジナルキャップ作成の候補として頭の片隅に置いておいて「そういえば、そんなキャップあったな~」と必要な時に引っ張り出してきて頂けると幸いですm(_ _)m
ではまた、次回のアイテムジェニックで会いましょう ^ ^

スポンサード広告