フロント縫製のない5パネルのクラシックトラッカー。

最近ではキャップとひとくくりで紹介するには豊富な種類があるのでカテゴリー分けするのが大変難しいですね(汗)。
当キャップはクラシックトラッカーという名称で発売されているのですが、いわゆるトラッカーキャップですね。
(実際トラッカーキャップというとフロントがウレタンっぽいもので後ろがメッシュになっている簡易なものをイメージしてしまいますが、当キャップは、どちらかと言えばベースボールキャップに近いタイプです。)

簡単に言えば、真ん中に縫製が無いデザインのベースボールメッシュキャップというくくりでジャンル分けすれば良いと思っています。
オリジナルキャップ作成をしている身で考えると加工を妨げる縫製がないので、加工の幅が広がりますね(笑)。
(・・おそらくそのような意図では作られていないと思いますが。)

バックスタイルはメッシュ素材にはコレですね。
スナップバックのフリーサイズ。

YUPOONGのキャップは穴を2個~3個開けで止めるとアーチのシルエットが一番きれいに見えるように作られているのだと思います。
ブランドによって標準のサイズが変わるので、キャップの基準をひとくくりにしてしまう事が出来ませんね。
そういった意味では自分に合うブランドを見つけておくのはキャップ選びで大切な事ですね。

先ほどから何回も紹介しているのですが、クラシックトラッカーキャップはYUPOONG(ユーポン)のFLEXFIT(フレックスフィット)シリーズのキャップです。

このキャップに限っての話ではありませんが、スナップバックキャップはサイズ調整をプチプチと穴から離して付け直すだけの手軽な仕様です。
「かぶる」目的ではなくアクセサリーとしてファッションアイテムとしてリュックにぶら下げているのもストリート感がでて、いい感じだったりします。