アメカジOTTOのフラットバイザーベースボールキャップ

僕がインポートブランドの取り扱いを開始して初めて販売したのがこのOTTOブランドのフラットバイザーキャップなのです。

ハマさん、思い入れのあるキャップなんですね。
そのわりにはアイテムジェニック「No.23」までどうして温めていたんですか?

実はOTTOブランドのこのキャップですが、この4年の間でマイナーチェンジ4回目になるんですよ(笑)。
今まさにチェンジ途中なのでそれが済んでからの紹介と思っていたのですが新ロゴへスイッチ完了には、もう少しかかりそうなので、しびれを切らして紹介する事にしました(笑) ^ ^

へぇ~色々マイナーチェンジがあったんですね。知りませんでした。
ハマさん詳しいですね ^ ^

もくじ

[ スポンサー広告 ]

フラットバイザーベースボールキャップ


OTTOブランドの「OTTOはオットー呼ぶのですが」このベースボールキャップですが、フラットバイザーキャップとかスナップバックキャップとかの愛称で親しまれています。
今回紹介するツバの平らなこのフラットバイザーキャップは、OTTOブランドで以前ご紹介しましたメッシュキャップと並んでの定番シリーズになりますね。

イメージとして「OTTOキャップ」と言えば、このツバが平らなフラットバイザーキャップが思い浮かんできますね ^ ^。よく考えたら、それくらいイメージが定着しているって事ですね ^ ^



スナップバックキャップというのは、このバックについているサイズ調整にあたるのですが、このキャップに限っての名称ではないので、このキャップがスナップバックキャップと親しまれるのは少し疑問が生まれますが・・OTTOブランドの中ではスナップバックのキャップの代表なのかもしれませんね ^ ^
ま、呼び方なので特に気にしないでおきます。

僕は、スナップバックキャプよりもフラットバイザーキャップと呼ぶ方がしっくり来ますね ^ ^。

そうですね、同感です。
僕もいつもフラットバイザーキャップにベースボールをつけて「フラットバイザーベースボールキャップ」と呼んでいますよ。
ま、この名称もこのキャップに限っての呼び名でないのですが・・名称って難しいですね ^ ^;


サイドからの写真ですが、OTTOのフラットバイザーベースボールキャップはフロントの立ち上がりが滑らかで丸みをおびていて、柔らかい印象のキャップなんですよ。

へぇ~「やわらかいん」ですねぇ~。

ボ太郎君、やわらかいんではなくて「やわらかい印象」、印象のお話ですよ。
でも、このキャップはウールブレンド素材で分厚い生地を使用していてフロントもしっかり固めの芯もはいっていて作りはしっかりしていますよ ^ ^。

あ、実際にやわらかいわけではないんですね(汗) ^ ^;

はい、そこは重要ですので、しっかり押さえておいてくださいね(笑) ^ ^



上から内側の写真になります
OTTOフラットバイザーベースボールキャップはツバ裏がグレー色で統一されています。
主張しすぎないツートンカラーで大変スタイリッシュだと思います。
天ボタンも金具を使用しており、OTTOブランドのロゴ入りですね。


アップの写真を載せておきますね。
光ってうまく写真が撮れなかったので無理やり裏返しましたよ(笑)。

(笑)。

フラットバイザーべ-スボールキャップはOTTOブランドです。



このツバにブランドシールを付けたまま着用するというのは、OTTOのキャップが非常に印象深いのですが、一体どのブランドからスタートしたんでしょうね?

ハマさん、僕も気になるんで一回ネットで調べてみたんですが、まったく情報にたどり着けませんでした(笑)。
知っている人がいたら教えて欲しいですね ^ ^。

そうですね、僕も気になります。

ところで、話はかわりますが、当記事の導入部分でOTTOブランドがマイナーチェンジを繰り返していると言いましたが
現在、OTTOのブランドロゴがリニューアルして新しくなったのです。
今回購入したブラックのフラットバイザーベースボールキャップは、リニューアル前のものでしたが、徐々に新しいものが入荷してきているようです。

いつ購入したんですか?

確か2020年9月頃ですので、1か月くらい前ですかね?
OTTOロゴがリニューアルしたのが確か昨年2019年秋~冬頃だったので、まだ旧ロゴが残っているんですね。
次購入する頃は新しいのが当たると嬉しいですね。

はい、なんかガチャガチャをやっているみたいですね。
次は新しいブランドロゴかもしれないので、別の色でネイビーを購入してみましょう ^ ^;

ボ太郎君、ほんとにガチャガチャ感覚ですね(笑) ^ ^;

フラットバイザーベースボールキャップのサイズ感について

では、キャップのサイズ感についてです。今回は、フラットバイザーベースボールキャップのご紹介です。




フロント部分は、中央に縫製になっているベースボールキャップ仕様。オリジナル加工の際にサイズ感がわかりやすい為に、ツバから穴までの距離を記載しています。
左右に関してはタテの中央あたりを縫い目から縫い目まで計測した、およそのサイズ感となっていますので予めご了承下さいねm(_ _)m

OTTOフラットバイザーキャップは、若干幅広い感じなんですかね ^ ^
はい、恒例のあたまのサイズがわかりずらい方もいらっしゃると思いますので、キャップを選ぶ際のあたまのサイズを知る事が大切です、そしてキャップサイズの選び方についての投稿のリンクを下記貼っておきます。参考にしてください。

はい、皆様是非確認してみて下さいね。

カラーバリエーションでお洒落の幅も広がります。

フラットバイザーベースボールキャップに関しましては10色展開で在庫品が用意されています。

10色のカラー展開です。

ツバとあたまの部分が同色になっているシンプルバージョンで10色展開となっています。
すべて裏側はグレーで共通です ^ ^。

OTTOのフラットバイザーキャップですが、最近あまり見かけなくなったような気がするんですが、どんなお客様に売れているんですか?

そうですね。
確かに、僕の通販店でも一時期にくらべたらピークは過ぎたのかもしれませんが、まだまだオリジナルキャップとして作成される事も多いですよ。
僕のところでも、「野球チーム」はもちろん「ゴルフ用途」「自転車チーム」「プライベートブランド」「美容室」「飲食店」「釣り関係」など様々なオリジナルキャップ作成をさせて頂きましたよ。

OTTOブランドのフラットバイザーベースボールキャップですが、時代に合わせてカタチなどアップデートしているので、まだまだ人気は続くのではないですかね?
もしかしたら昔OTTOキャップを購入されいた人もマイナーチェンジで、新たなキャップを手にしたように感じるかもしれませんね ^ ^

オリジナルキャップ作成の定番キャップとして僕もしっかり推薦していきたいと思います。
また、新しいブランドロゴを入荷できたらご報告しますねm(_ _)m
それでは、お楽しみに ^ ^。

スポンサード広告