カッティングプリントをはじめようと思います。

実は以前からもカッティングプリントにてオリジナルキャップ作成のサービスを提供してはいたのですが、ユニフォームクローゼットのサイトへ行ってみると1色プリントで作成みたいな商品バナーをすぐに見つける事ができると思います。

しかし、分け合って現在サービスを中止しています。
提供するまでにかかる納期であったり価格であったり折り合いをつける事が難しくできる事が制限されてしまったりと色々な壁にぶつかってしまい・・少し中断させて頂いているのですが、少し朗報です。

サービス開始の前に。

という事で自社でカッティングプリントのサービスを提供する事に致しました。

とその前に、カッティングプリントについて超簡単に説明致します。
プリントしたいデザインのロゴ・イラストなど(基本的には1色)を1枚のシートをカットしてキャップなど対象となるものへプリントするというのが基本的な技法なのであります。

黒い部分が1枚のシートとなるのですが、そのシートに赤色で表現したカット線をカットしていくというのがカッティングプリントの方法となります。

先ほどの赤色の線をカットを終了させてシートを剥がして行くのですが、カットした部分以外をうまくはがしてデザインとなる文字の部分だけを残していきます。
綺麗に剥がし終えたものが2つ前に紹介した画像のような黒のロゴものに仕上げます。
(※2つ前の画像は、デザインだとわかりやすいようにトンボをつけていますが、この時点でトンボはありません。)

といった流れでカットしたデザインの部分を実際にプリントをすればオリジナルキャップ作成の完了となります。
基本的に自由なデザインでプリントが可能。特にシルクスクリーンプリント・刺繍などとは違い型というものが必要ありません。(デザイン制作を依頼すれば費用がかかるかもしれませんが・・)。
ユニフォームクローゼットのサービスとしてはお客様が考えたデザインを綺麗に仕上げたりする分は、デザイン代は無料対応なっています。

せっかくカッティングプリントサービスを始めるために色々と用意したので、同時にウェブサービスもはじめようかな?
という事で、URLを取得しました。

「モノクロ~ム」という名前にしようと思ったのですが、なんだか雑誌にも似たような感じのものもあり連想してしまうので、「SHIROQLO(シロクロ)」という名前に致しました。
そして今回カッティングプリントの話題で使用したのが、フライングでロゴになっております。
実際には、上記URLには、まだ何も表示されません(2020年7月29日現在)しノープランなのですが(笑)、追々、面白いウェブサービスが出来れば、なんて考えています。
先に場所だけ準備しちゃいました。
さて、どんなサービスをつくろうか(笑)。色々頭悩ませてみます。

スポンサード広告