カッティングとフロッキープリントで帽子作成致しました。

もし、アルファベットで好きな文字を1文字だけプリントする事ができたなら、あなたはどの文字を選びますか?「イニシャル」なのか「チーム名」「何かの頭文字」はたまた「何」なのか・・・たった一文字だけでも色々想像してしまいますね^ ^。
今回の投稿は、以前にご紹介したボウシクローゼットのオリジナルキャップ作成サービスの「カレッジ風ゴシックフォントで帽子作成」を利用して「ゴシック文字 B」のかっこいいオリジナル文字キャップを作成しましたので制作実績としてご紹介致します。

もくじ

[ スポンサー広告 ]

オリジナルキャップ作成のサービスの説明

今回作成したオリジナルキャップは、「カレッジ風ゴシックフォントで帽子作成」というサービスに基づいて作成しており、このサービスについても簡単におさらいしておきましょう。
「カレッジ風のゴシック書体」を「A」から「Z」まで用意したものを選択して「帽子種類」+「フロッキーシートの色」+「カッティングシートの色」を組み合わせて、お客様のセンスでオリジナル加工をカスタマイズする事が出来るという内容のサービスになります ^ ^。

詳しく「2020.10.12に投稿」していますので、興味があれば是非、一読してみて下さい。m(_ _)m
とってもわかりやすくまとめられていますので参考にしてみて下さい ^ ^

そうですね、かなり細かく内容を掲載しましたもんね^ ^;
この投稿のボゥ君の会話のやりとりも特徴的で面白かったです(笑)。
いつも盛り上げてくれて有難うございますm(_ _)m。
さて本題にはいりましょう^ ^。

カッティング×フロッキーを組み合わせたキャップ。







いきなりですが、たくさんのキャップの写真を投稿しましたが、特筆説明すべきことがないので、実物の写真をご覧ください。
なぜ二つの種類を同時に紹介したのかと言いますと、その方が「雰囲気も伝えやすいかなぁ」と思っての事です。
淡い色にプリントした場合・濃色にプリントした場合の比較をしてもらえるかと思いましてm(_ _)m

わぁ~、実際にキャップにプリントするととてもかっこいいですね。
ゴシック文字に枠をつけているのが、ほんとコントラストが出ててインパクトが出ますね~。
何よりもこの力強いゴシックが「存在感をかもし出して」いますね。
「B」の部分の加工がいい風合いですが、これがフロッキーシートになるんですよね?



そうですね。
フロッキーシートは、「スエードっぽい?」「フェルトっぽい?」・・どのように表現したらいいのか少し言葉が見当たりませんが、繊維の毛羽(ケバ)を使用したサラッとしたシートになっています。
写真のような「黒い方のシート」を内側のBの文字「白い方のシート」を外フチとしてカットして圧着したのが今回の合わせ技なのです。
カラーだけでなく、この2種類のツルっとしたカッティングシートと毛羽のあるフロッキーシートの組み合わせがとてもかっこいいんです。
もしかしたら刺繍よりも新鮮でかっこいいと言ってもらえるかもしれませんね?
ボゥ君はどっちのタイプが好みですか?

僕は、刺繍も好きなのですが、今回の仕上がりを見て、カッティングプリントも気に入りました。
どこかワッペンのような雰囲気ももっていて、この中央のフロッキーシートの毛羽立ちが温かいデザインになっていて素敵だと感じました。
何より必要な時にカットして作成する技法なので、手軽でなによりですね。

自由度が高いというのがこのカッティングプリントの魅力ですね。
ま、今のところスタンダードなことしかしていないのですが、圧着ができる場所でしたらどこでも加工が可能なのです。
例えば、「ツバの裏」「ツバの表」とかいろんな場所にプリント可能なのです。

「同じキャップのあちこちにデザインをプリントできるっと事ですか?」それってすごく面白いキャップが作れますね^ ^
これはいい事を聞きましたね。ハマさん・・(ニヤリ (*゚艸゚))

ボゥ君、なにやら企んでいますね?
なんだか嫌な予感です(笑)。

帽子本体の種類についてご紹介致します。

さて、念のため、今回の制作実績として使用した帽子本体の種類についてもご紹介しておきますね ^ ^。
写真のカーキ色のキャップは、YUPOONG(ユーポン)のフレックスフィットの6パネルキャップを使用しています。

そして、もう一つフラットバイザーベースボールキャップです。
写真で言うとレッド×ブラックのフラットバイザーキャップもYUPOONG(ユーポン)のフレックスフィットのキャップです。

どちらのキャップも以前に「アイテムジェニック」のカテゴリーで投稿していますので、是非参考にしてみて下さい。

オリジナルキャップ作成をしたい人へ

ボウシクローゼットでは日々、オリジナルキャップの事についてブログ投稿をしていますが、もしかしたらキャップ作成してみたいとか思って頂けることもあるかもしれませんので、もし興味を持っていただけたら、気軽に相談いただけるようにLINEで相談できるようにしていますので、「どんなことがしたいか?」「予算はどれくらい」など気軽に相談してみて下さい。
以前にも「LINEで相談できる」旨も投稿していますので、参考にしてみて下さい。

ハマさんはオリジナルキャップ作成のコンシェルジュなので、良い方法へと導いてくれると思います^ ^。
デザインも加工も自分でやったりするので、頼りになりますよ^ ^ /
とにかく気軽にどうぞ!

ボゥ君、なんかハードル上げていませんか^ ^;
ま、オリジナルキャップ作成で気になる事がありましたら是非LINE相談もご利用下さいね。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

スポンサード広告