迷彩シリーズ FLEXFIT タイガーカモフラ ジェットキャップ

こんにちは、ユニフォームクローゼットです。YUPOONG社のFLEXFITブランドのジョッキーキャンパーキャップの迷彩スタイル、タイガーカモフラデザインの無地キャップです。

YUPOONG社の展開しているブランドFLEXFIT(フレックスフィット)の定番ジェットキャップの迷彩シリーズ、タイガーカモフラデザインをご紹介させて頂きます。

迷彩デザインのジェットキャップ。

今回は、先日ご紹介しました、定番のジェットキャップと同じ規格の迷彩シリーズです。

同シリーズのアウトドアスタイル FLEX FIT ジェットキャップ。

ジェットキャップの記事を見る。

合わせて読んでいただけたらと思い記事リンクしておきました。

結局のところ、おんなじカタチだけど、生地のデザインが違うってこと?

生地の風合いや厚みは少し変わりますが、一言で言えば、そういう事になりますね。

タイガーカモフラのジェットキャップ。

写真を撮ってますので、貼り付けておきます。

こちらが、YUPOONG社が展開しているClassicsシリーズのジェットキャップのタイガーカモフラデザインです。

横は、やっぱり通気性を考えた穴もあってかっこいいね。

前回の紹介したジェットキャップと仕様は同じなので、重複しますが、通気孔の金具仕様、サイズ調整のロープのバランス・ツバの始末など細かなこだわりがいい感じです。

そして背景が芝生でアウトドア感が満載だね笑。

アウトドア感を出そうと、緑を背景にしたのですが、危うく背景と馴染んで同化してしまうところでしたね笑。

上からの写真の撮り方は、さらに背景と同化しそうですね笑。
さすが迷彩シリーズですね。

ひとつ気になったんだけど、帽子の内側は迷彩のデザインではないんだね。ま、かぶったらわからないのでいいんだけど。

迷彩は、プリントで表現しています。

一般的に迷彩系の生地は、プリントで表現する事が多いですね。
無地の生地に片面にプリントをするので、裏側は、もとの生地がそのままという事になっているんです。

アップすると、こんな感じの雰囲気に仕上がっていますよ。

生地の色がまっしろではなくて、クリームっぽいから、あまり違和感ないね。
あと、なんか、生地が、四角のマス目みたいになってるね。

クリームっぽいのはキナリですね。あと、マス目は「リップストップ」っていう生地で、タテヨコ、格子状に糸を縫いこんで編んだ素材のことですね。
リップストップは縫込みを格子にする事で、生地を丈夫にする事ができるんですよ。

そうなんだね。やっぱり細やかなところにもこだわってるんだね。

プリントのお話ついでに、お伝えしておきたい注意点というか特長もご紹介しておきます。下記写真、よく見て下さいね。

あ、なんか若干デザインがちがっている。

左右とも同じアイテムなのですが、雰囲気が少し変わりますね。
迷彩や総柄などの生地の場合、キャップ製造時にひとつの大きな生地をパーツにカットしていくのですが、使われる部分のデザインが必ずデザインが変わってしまいます。

じゃあ、10個あったら10個ともイメージが変わるってこと?

そうですね、使う生地の場所が変わるので、全部イメージ変わる事が多いです。
この手のアイテムは、手元に届く迷彩柄が、どんなイメージのが届くかというのも醍醐味かもしれませんね。

お気に入りが当たるまで、何個も欲しくなりそうだね笑。

確かに、そのような楽しみ方もできますね。

ジェットキャップのパーツの大きさ。

それでは、イラストでこのジェットキャップのパーツのサイズについてご紹介しましょう。

うん、写真みてかっこいいと思って手にした人が、サイズあわなかったら大変だもんね。

もしキャップのサイズが自分に合うのか不安な方は、参考にサイズの測り方についての記事を参照してみてください。

キャップのサイズを知る為の方法について投稿致しました。簡単ですが、参考資料としてお使い下さい。

キャップのサイズについて知る

なんども言うけど、イラスト付きの説明もあって、いままで頭のサイズってあんまり気にしてなかったけど、とても勉強になるよ。

カラーバリエーションについて

迷彩シリーズのジェットキャップについては、現在のところタイガーカモフラのデザインのみの展開となっています。

タイガーカモフラなど迷彩のデザインのキャップには、フロッキーシートの相性が良いです。通常のプリントだと下地が影響してしまい、柄が透けて見えてしまったり、する為、こういう意味でもフロッキーシートって良い技法だなって思います。

迷彩のキャップは、プリントデザインがなくても、そのままでかぶってもかっこいいしね。

そうですね、使い方様々で、自分流を見つけて楽しめますね。今度迷彩キャップのオリジナルプリントにチャレンジしてみましょうね。
では、引き続きボウシつくろうぜをお楽しみください。

Tシャツ製造・プリント現場出身の担当者が運営するオリジナルデザインのウェア制作会社ユニフォームクローゼットが運営するボウシクローゼットは、カッティングプリントに特化したオリジナルキャップ・帽子の専門店です。