快適にキャップをかぶる為、自分にあったキャップサイズの測り方。

こんにちは、ユニフォームクローゼットです。キャップ作成にあたりサイズが自分にあっているかを予め把握しておく為に、キャップサイズの測り方を考えてみました。

突然ですが、あなたは、自分のあたまのサイズを把握していますか?
お店でキャップ・帽子を試着しながら選べる環境の場合は、キャップのサイズ・頭のサイズを知らなくてもなんの問題もないのですが。
最近はネット通販も増えファッションアイテムの試着することなくネットで購入する機会がとても増えたと思いますが、そこで・・

アパレル製品は、ブランドによってサイズ企画が違う。

帽子・キャップなどアパレル製品の場合、ブランドや企画された国などでサイズの概念が違っていたりするため、Lサイズとひとえに言って、サイズ感がバラバラだったりするのをご存知でしょうか?

そうだったのか!どおりで僕はSサイズをいつも買うんだけど、ブランドによって窮屈だったりするのはそのせいなんだ。

そうなんですよ。だからこそ、数値化して自分のサイズ感を知っておくという事はとても大切なことなんですよね。
※ただ、僕の場合は、洗った後の縮みなどに関しては想定できないので、はじめに、若干大き目のサイズを買うようにはしています。

さすがに縮みまで計算するのは難しいよね。

ま、はじめて買うものは、チャレンジだったりしますね笑。
では、今回はキャップのお話に戻りまして、一般的なキャップサイズを知る方法を、簡単ですが、お話させて頂きます。

あたまの大きさを測ろう。

キャップサイズと言っても、シンプルに頭の大きさがわかっていれば、選ぶサイズも決まってきますね。
もちろんあたまのカタチには個人差もあるのでこの方法が100%と断言する事はできませんが、一般的に耳の上から約指2本くらいの位置を水平にキャップをかぶるとフィットするといわれています。

そうなんだ知らなかった、なるほどなるほど。

キャップをフィットさせて着用する位置がおよそ一番頭囲が大きいであろう場所になると思います。
まず、メジャーを用意して、その位置の頭囲を測りましょう。もちろん何かひもでスタート地点とゴール地点をつまみ、あとから物差しで測ってもいいですね。
ちなみに僕も測ってみましたが、「57.5cm」でした。

キャップは、洋服とちがって、あたまの一周なので結構簡単に測れるね。

キャップのサイズの決定方法。

頭のサイズそのままがキャップのサイズではないのでご注意を。
キャップ選びの際には「頭のサイズ+1cm程度」余裕をもって選択されるのが良いとされています。

あたまのサイズそのままだったら、苦しいね笑。
あやうく、そのままのサイズをかぶるところだった笑

頭のサイズを測るときメジャーで締め付けてはかりますよね。締め付けてキャップをかぶってしまうときっと苦しくなると思います。
ヘアスタイルや髪の毛の長さや量も影響してくるのでやはり1cm程度余裕をもってキャップのサイズを選ぶほうがよさそうですね。
という事で僕のキャップ選ぶべきキャップのサイズは「58.5cm」がベストという事ですね。なるほど~。

そうそう、散髪したあとは、キャップがゆったりかぶれるのも、このせいだよね。

一般的なキャップの平均サイズ。

自分のあたまのサイズを知っていれば選ぶべきキャップのサイズが見えてきますね。
ちなみにですが、一般的に販売されているキャップの多くは「レディースサイズ平均56cm」「メンズサイズ平均58cm」という噂です。(※実際にすべてを調べたこともないし調べる事もできないのでうわさを信じたいと思いますが、お店に並んでいるキャップもこの辺のサイズ感が多いですね。)

へぇ~、じゃあハマさんは、58.5cmだから平均よりちょっとおっきいんだね。

あとは、お店の人がきっちりキャップのサイズ感(「頭囲のサイズ 例56cm~60cmのフリーサイズ等」)を数値化してくれていれば、自分の頭の大きさに合ったものを選べば良いという事になります。

誤差があるのは、ご承知下さい。

最後に注意点ですが、繊維製品というのはこれを作る「人のクセ」であったり「時期」「場所」など様々な要因で個体差というものが必ず出てきます。同じ種類のキャップであっても以前より小さくなったような・・大きくなったような・・と感じる事もあるかもしれません。
そういった意味も踏まえて実際の頭のサイズよりも余裕をみてキャップを選択する事が必要といえますね。

Tシャツ製造・プリント現場出身の担当者が運営するオリジナルデザインのウェア制作会社ユニフォームクローゼットが運営するボウシクローゼットは、カッティングプリントに特化したオリジナルキャップ・帽子の専門店です。